スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ふとっちょローザ

ふとっちょローザ
ふとっちょローザ
(2001/03)
クリステル デスモワノー

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:クリステル・デスモワノー(Christel des moinaux)…1967年フランスのパリで生まれ、幼少時代絵本を読むのが好きで8歳で絵を描き始める。大学卒業後出版社に勤務しやさしい絵本を20冊以上も出版している。

訳:工藤 直子(くどう なおこ)…1935年コピーライターとして勤務したのち、詩人であり童話作家であり児童文学作家として活躍している。

♪その他の絵本を紹介
ちっぽけマリウスちっぽけマリウス
(2000/11)
クリステル デスモワノー

商品詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
美人牝牛を飼っているのは、牧場のジャン。
町一番の美人とあってはジャンも鼻が高いってわけ。
ツヤツヤの毛並み
ふっくらとした体とお乳
何よりも彼女の出すミルクは、とっても美味しいくて町中の人がウットリ

そのミルクのおかげで、ローザの暮らしは優雅です。
好きなテレビも美味しい乾草も人気の雑誌だって買ってもらえる。

二人は互いのことをとっても愛していて
いつまでもこんな幸せが日々が続くと思っていました。

けれどそんなある日、ローザが雑誌を見ていると思いました。
私ってこんなにきれいなんだもの…雑誌に載ってみたいわ。
そこで、我が体を改めて眺めてみました。
きゃぁ~~~~~~~~~~~~~~~!!
!?!?!?!

ミヅポンの声(^♀^)/
牛の美しさって、ふくよかな体にあります。しかもそのふくよかな体は良いお乳を出すのに最適。なのにローザは、ビックリすることを初めてしまうのです。あんなに可愛がっていたジャンもローザの行動にビックリで寝込んでしまいますよ。いったい何があったのでしょうねぇ~♪ 世間で言われている誰もが一度はやって失敗もある…あれですよ。私もそろそろ正月太りでスタイルの方が…頑張らないと。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/999-627465e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。