スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


くいしんぼうのはなこさん

くいしんぼうのはなこさん (日本傑作絵本シリーズ)
くいしんぼうのはなこさん (日本傑作絵本シリーズ)
(2000)
いしい ももこなかたに ちよこ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
文:石井 桃子(いしい ももこ)…1907年埼玉に生まれ、多数の翻訳を手掛けている。「ノンちゃん雲に乗る」で文部大臣賞を受賞。

絵:中谷 千代子(なかたに ちよこ)…1930年東京に生まれ、東京芸術大学油絵科を卒業しました。絵本研究のためその後渡米。

♪その他の絵本を紹介
復刻版ちいさいモモちゃん〈2〉ルウのおうち復刻版ちいさいモモちゃん〈2〉ルウのおうち
(2003/04)
松谷 みよ子中谷 千代子

商品詳細を見る

ぞうくんは むかし あかんぼでしたかぞうくんは むかし あかんぼでしたか
(1980/12)
岸田 衿子中谷 千代子

商品詳細を見る

ノンちゃん雲に乗る (福音館創作童話シリーズ)ノンちゃん雲に乗る (福音館創作童話シリーズ)
(1967/01)
石井 桃子中川 宗弥

商品詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
あるお百姓さんのところに子牛が生まれました。
その子牛の名前は、はなこ
みんながとてもかわいがるので、はなこはいつしかとってもわがままになりました。

だからお百姓さんが、たくさん牛たちの集まる牧場へ
はなこを連れていきました。
そこは大きな牛・小さな牛・太っている牛・やせの牛
たくさんの牛がいます。
そこそこの家で飼っている牛をお百姓さんが連れてきて
山の牧場で放し飼いにするのです。

はなこ達を置いてお百姓さんたちが帰ると…
とたんに角でつっついて喧嘩を始めました。
大きいのが小さいのを負かし…とうとう、はなこは…?

ミヅポンの声(^♀^)/
いばっていると良いことはありませんよ。なんでもわがままを言わずに好き嫌いなく食べなくてはなりませんよ。そんなことを学べる絵本です。やっぱりね~みな平等に楽しくですよぉ~。意地悪をしていると、自分の心も嫌いになっちゃうよねぇ~。はなこちゃん、そのことに気づいて下さいね。周りにそんなお友達はいるかな? その時には、この絵本を貸してあげて下さい。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/991-fbd17395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。