スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おなかがすいた

おなかがすいた―きょうりゅうペペのぼうけん〈1〉 (きょうりゅうペペのぼうけん (1))おなかがすいた―きょうりゅうペペのぼうけん〈1〉 (きょうりゅうペペのぼうけん (1))
(2006/01)
ヒサ クニヒコ

商品詳細を見る


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ヒサ クニヒコ…1944年東京に生まれ、「戦争ー漫画太平洋戦史」で文芸春秋漫画賞を受賞。自然や動物に興味があり世界中を旅している。なかでも恐竜の研究かとしても有名です。


♪その他の絵本を紹介
ヒサクニヒコの音のでる恐竜の世界ヒサクニヒコの音のでる恐竜の世界
(2006/08)
ヒサ クニヒコ

商品詳細を見る

どうぶつのあしがたずかん (絵本図鑑シリーズ)どうぶつのあしがたずかん (絵本図鑑シリーズ)
(1989/03)
加藤 由子ヒサ クニヒコ

商品詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
卵がパリッと割れて、中から恐竜の赤ちゃんが生まれました。
名前は、ぺぺ
最後に産まれた、末っ子です。

産まれたばかりのわが子に、母さんは口の中でやわらかくした食べ物をくれました。
ぺぺのお母さんはと~っても大きいから、お母さんみたいに大きくなるには
沢山食べないとね。

何日もたって、ぺぺと兄弟はとっても大きくなってきました。
今日もお父さんとお母さんがご飯を運んできてくれるのを待っていると…
さっきまでいっしょに話していたキキの姿がありません。

なんと、肉食恐竜がキキを加えて逃げていったのです。
そこにお父さんとお母さんが帰って来て……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
ここで登場したぺぺはイグアノドンという恐竜だそうです。この緑色の恐竜、図鑑でみたことある!!って方もいると思います。体の長さは9メートルもあるだなんて…どんだけ大きいの!? とビックリしちゃいますよねぇ。そんな大きな生き物が遠く昔には沢山いただなんてぇ…。その恐竜の中には肉食恐竜もいたわけで、キキを連れて行ったのはディノニクスという恐竜だそうです。さ~て、肉食と草食どっちが強いんでしょうねぇ?? 恐竜が好きな人は、読んでみてねぇ~。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/986-806e2599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。