スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリスマスをわすれたサンタクロース

クリスマスをわすれたサンタクロース (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
クリスマスをわすれたサンタクロース (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
(2005/12)
カリン・フォン オルダースハウゼンガービ フルック

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:5歳くらいから~(ふりがな付き漢字を含みます)

著者の紹介☆
文:カリン・フォン・オルダースハウゼン(Karin von Oldershausen)…スイスで生まれ、ジュネーブで通訳の資格を取り通訳の仕事をしていますた。現在はフリーで通訳の仕事をする傍ら子ども達の絵本を作っています。

絵:ガービ・フルック(Gabi Fluck)…スイスで生まれグラフィックの資格を取得した後、広告代理店で働いています。現在は画家として活躍。

訳:泉 典子(いずみ のりこ)…神奈川に生まれ、東京外国語大学大学院修士課程修了。


あらすじФ(・♀・=)
サンタクロースは只今深い雪の中を歩いています。
とっても寒くてガタガタふるえるサンタさん。
袋の中に黄色い大きな色鉛筆を持っていることを思い出しました。

色鉛筆を取り出し雪の上に小さな○を描いてみました。
すると、どうしたことか
○の部分の水が溶けて、大きな魚をつりあげました。

食べてもまだ、寒い
サンタさんは、空に大きな太陽を描きました。
すると、ポカポカ暖かい春のような気候に早変わり。

あれ? でも…サンタさんこんなにポカポカな場所で
のんびりしていて大丈夫?

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
クリスマスを忘れてしまうだなんて、一大事じゃないですか!!  ((((((ノ゜_゜)ノ しかもクリスマスと言えば、寒い冬にサンタさんがソリに乗ってみんなにプレゼントを届けるってのがシナリオなはずなのに、ポカポカ太陽の下で水着を着て海水浴なんて…ありえないっつ~の。みなさん、このサンタさんはお仕事を忘れているようですよ。ぜひ、気付かせてあげてね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/973-2c1ea3e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。