スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしもねずみをえいがにつれていくと

もしもねずみをえいがにつれていくと
もしもねずみをえいがにつれていくと
(2000/10)
ローラ・ジョフィ ニューメロフフェリシア ボンド

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
文:ローラ・ジョフィー・ニューメロフ(Laura Joffe Numeroff)…ニューヨークに生まれ、ブラット・インスティテュードでアニメと写真、絵本の勉強をしました。そして在学中に絵本を出版。9社から断られたお話が大手の目にとまり、それがベストセラーとなった。アメリカではねずみグッツが販売され多くの子どもに愛される絵本となりました。

絵:フェリシア・ボンド(Felicia Bond)…テキサスで生まれ、童話作家でもあり画家である。

訳:青山 南(あおやま みなみ)…翻訳家でエッセイスト。

♪その他の絵本を紹介
もしもムースにマフィンをあげるともしもムースにマフィンをあげると
(2000/01)
ローラ・ジョフィ ニューメロフLaura Joffe Numeroff

商品詳細を見る

クッキーねずみとあそびにいこう ― ミニえほん&人形セットクッキーねずみとあそびにいこう ― ミニえほん&人形セット
(2000/11)
ローラ・ジョフィ・ニューメロフフェリシア・ボンド

商品詳細を見る

もしもこぶたにホットケーキをあげるともしもこぶたにホットケーキをあげると
(1999/09)
ローラ ジョフィ・ニューメロフフェリシア ボンド

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本

【もしもねずみにクッキーをあげると】


あらすじФ(・♀・=)
もしもネズミ君を映画館につれていくと
ポップコーンを売っているところで、ポップコーンをくれとつぶらな目でうったえるだろうな。
そして、買ってあげて席につくと…
フワフワだから糸でつなぎたくなっちゃうみたい。
そして、そのつなげたものをクリスマスツリーに飾り付けをしたくなっちゃう!

ってことで帰り道、雪の中をポップコーンもって歩いていると…
雪だるまを見て、ねずみくんも作りたくなっちゃうんだなぁ~これが。

そして、雪だるまが完成すると…楽しくなってお城作りもさせられちゃう。
決まって作り終わったあとは…?!

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本は、シリーズになっていて以前にもブログで紹介したことがあります。登場人物はねずみくんととっても世話好きでやさしい男の子。クリスマス絵本にかわいらしいネズミ絵本を読んでみてね。このネズミ君、色々お願いをするけれど…かわいいからぜ~~~んぶやってあげたくなっちゃうよ。でも、ミヅポンねずみ…苦手なんだよねぇ(汗)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/957-c67f86e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。