スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こいぬがうまれるよ

こいぬがうまれるよ (かがくのほん)
こいぬがうまれるよ (かがくのほん)
(1982/01)
ジョアンナ・コールジェローム・ウェクスラー

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
文:ジョアンナ・コール
写真:ジェローム・ウェクスラー
訳:つぼい いくみ

♪その他の絵本を紹介
ミツバチのなぞ (フリズル先生のマジック・スクールバス)ミツバチのなぞ (フリズル先生のマジック・スクールバス)
(1999/10)
ジョアンナ・コールブルース・ディーギン

商品詳細を見る

おねえさんになったのおねえさんになったの
(2008/11)
ジョアンナ・コール

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
お隣の犬のダックスフンドがお腹が大きいよ。
どうやらそろそろ赤ちゃんが生まれるみたいね。
ダックスフンドは、箱の中に紙をビリビリにやぶいて準備をします。

力いっぱい踏ん張って、赤ちゃんを外の世界に出してあげるよ。
頑張って!!

あっ( ̄□ ̄)!! 最初の赤ちゃんが出てきたよ。
犬の赤ちゃんは袋に入っているの。
それをお母さんが一生懸命なめてあげるんだぁ。
お母さんと赤ちゃんのお腹は、一本のへその緒でつながっているんだ。
それを噛み切ってあげると、赤ちゃんはここから自分で栄養を取り始めるよ。
……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
犬の赤ちゃん、いっぱい生まれたよ。どんな風に産まれるんだろう? って知りたいと思うことあるよねぇ。そんな時はこの一冊がおすすめですよ。写真といっても生々しい感じではなんです。モノクロ写真だから、見るのが怖くないんじゃないかなぁ(^エ^;)必ず生き物が産まれるには、その物語があると思います。ここではダックスフンドのお母さんの出産をテーマにしていますが、親子でわが子が産まれてきた時のお話をするのも楽しいかもしれませんねっ。それに、犬と人間の出産の違いなども、この絵本から比べることができるんじゃないかしら。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/943-3274cc41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。