スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラのバターのパンケーキ

トラのバターのパンケーキ―ババジくんのおはなし (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
トラのバターのパンケーキ―ババジくんのおはなし (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
(1998/09)
ヘレン・バンナーマンフレッド・マルチェリーノ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ヘレン・バンナーマン(Helen Bannerman)…1863年イギリスに生まれ、30年間インドで暮らしました。インドを舞台に2人の娘に「ちびくろさんぼ」を書きました。←この絵本は世界じゅうに翻訳されて愛されています。

絵:フレッド・マルチェリーノ…初の絵本『ブーツをはいたネコ』で有名になり、1991年にはコールデコット賞のリストにあげらる程の実欲者である。


♪その他の絵本を紹介

ワーニー、パリへ行く (児童図書館・絵本の部屋)ワーニー、パリへ行く (児童図書館・絵本の部屋)
(2004/09)
フレッド マルチェリーノ

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【ブールをはいた猫】
【すずの兵隊さん】

あらすじФ(・♀・=)
インドには、お父さんのパパジ・お母さんのママジ・男の子のババジが住んでいます。
ママジは、赤い上着に青いズボンを作ってくれて
パパジは、市場でステキな緑の傘と紫色の靴をプレゼントしてくれました。

ババジは、全部身に付けてジャングルの中を散歩中!
するとババジの前に大きなトラがあらわれました。
「お前を食ってやる!」
ババジはあわてて、赤い上着をあげるから許してと頼みました。
トラは、赤い上着が気に入り見逃してくれました。

ところが、また少し歩くと違うトラがババジの前にやってきました。
これは困った…。
そこで、ババジは青いズボンをあげることに。
そしてトラは、その青いズボンをはいて自慢げに歩いていきました。

2度あることは3度ある…
またまたトラに出合ってしまったのです。
ババジくん…

上着もなくなりズボンもなくなり、今度は靴で勝負です。
ところが、トラは靴が2足じゃぁ~たりません。
でも耳にこのおしゃれな靴をかけたらどうでしょう?
何とトラは気に入ってくれて、ババジを食べることはありませんでした。

3度あるものは、4度あるんですねぇ~!!
ババジくん、最後の傘をトラに差し出しました。
けれど、どうやってさすの?
トラには、尻尾があるじゃない。
トラは尻尾に傘の柄を巻きつけると楽しげに歩いていきました。

ババジくん新しく買ってもらったお気に入りの物全て奪われて
パンツ一丁になってしまいました。
泣きながらトボトボと歩いていると…

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
「ちびくろサンボ」はみんな知っている有名な絵本ですよね。学校でも教科書に出てきたりしたのではないでしょうか? お子さんに読み聞かせするにも楽しく読める絵本ですよ。その「ちびくろサンボ」に新たに絵をつけたのがこの絵本です。だからお話はほとんど同じなんですよ。絵の好きな方で選んでみてくださいね。いやぁ~このお話が、まさか…ああなってこうなって…この展開とは…って感じです。言いたいのに言えないのが:*:・( ̄∀ ̄)・:*:ツ・ラ・イ( ̄* ̄ )ぜひぜひ、この面白い絵本を読んでみてくださいね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/922-d2f1dbe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。