スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


りゅうのめのなみだ

りゅうのめのなみだ (ひろすけ絵本 1)
りゅうのめのなみだ (ひろすけ絵本 1)
(1965/11)
浜田 広介いわさき ちひろ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~(ふりがな付き漢字を含みます)

著者の紹介☆
作:はまだ ひろすけ(浜田 廣介)1893~1973年。幼年童話に独自の世界を作り出し、多くの人に楽しまれています。

絵:いわさき ちひろ…1918年東京に生まれ、府立第六高等女学校を卒業しました。女学校時代より岡田三郎助画伯に画を学び、後に中中谷泰、丸木俊さんに師事、書を藤原行成さんから学びました。子供の生涯を描いた絵は数多く9300点もの作品を残し、1974年55歳の若さでこの世を去りました。1977年に東京のアトリエ兼自宅に美術館を開館、その後1997年には安雲野みの美術館を開館しました。

♪その他の絵本を紹介
あなたがうまれたとき―ちひろのあかちゃん日記あなたがうまれたとき―ちひろのあかちゃん日記
(1986/09)
いわさき ちひろ

商品詳細を見る

おかあさん―サトウハチロー・いわさきちひろ詩画集 (サトウハチロー・いわさきちひろ詩画集)おかあさん―サトウハチロー・いわさきちひろ詩画集 (サトウハチロー・いわさきちひろ詩画集)
(1989/07)
サトウ ハチローいわさき ちひろ

商品詳細を見る

あかちゃん (講談社ポストカード・コレクション)あかちゃん (講談社ポストカード・コレクション)
(1984/12)
いわさき ちひろ

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【りこうな おきさき】
【あかいふうせん】
【にんぎょひめ】
【つるのおんがえし】
【あおいとり】
【しらゆきひめ(グリム童話)】
【あかいくつ(アンデルセンのおはなし)】
【うらしまたろう】
【たんぽぽのサラダ 春】
【おにたのぼうし】
【あめのひのおるすばん】
【おやゆびひめ】
【ゆきのひのたんじょうび】
【ちひろの絵のひみつ】


あらすじФ(・♀・=)
南の国のお話です。
その国の山奥には、恐ろしい龍が隠れていると村の人は怖がっていました。
目はギラギラと、口からは火を吹き怖い龍。
子どもが言うことを聞かないと、親は「龍が狙っているぞ!」って脅かし
子ども達は、み~んな龍を怖がっていました。

ところが…「龍はこわくないよ!」っていう子どもが一人いました。
ある晩のこと、その子が眠っていると突然泣き出しました。
「どうしたの?」とお母さんが聞くと…
「龍がかわいそうなんだ。」
お母さんには、龍がナゼかわいそうなのかさっぱりわかりません。

そうこうしているうちに、その子の誕生日が近づいてきました。
お母さんが、「誰を誕生日に呼びましょうか?」と聞きました。
すると…子どもは、山の龍を呼ぼう!と言います。
お母さんは怒り出したけど…
子どもは諦めません。早朝…丘を越え…

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
たしかに…龍って怖がられているけど、何か悪いことをしたって話も聞かないし…人間をどうこうするってのも聞かないような…。なんで恐ろしい生き物になってしまったのだね!? ちみぃ~。まぁ~一度お会いできるなら会ってみたいですなぁ。この本を読んだらきっとみんなも龍が好きになるかな!? ぜひ読んでみてね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/919-d4155105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。