スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まゆとおにーやまんばの娘まゆのおはなしー

まゆとおに―やまんばのむすめまゆのおはなし (こどものとも傑作集)
まゆとおに―やまんばのむすめまゆのおはなし (こどものとも傑作集)
(2004/03)
富安 陽子降矢 なな

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3さいくらいから~

著者の紹介☆
文:富安 陽子(とみやす ようこ)…1959年東京に生まれ、小学館文学賞、日本児童文学者協会新人賞などなど多数の賞を受賞している。
絵:降矢 なな(ふりや なな)…1961年に生まれ、和の世界も洋の世界も巧みに表現をしています。スロヴァキュアのブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。


♪その他の絵本を紹介
ぼっこ (偕成社ワンダーランド)ぼっこ (偕成社ワンダーランド)
(1998/05)
富安 陽子瓜南 直子

商品詳細を見る

だんだら山のバク博士 (理論社ライブラリー)だんだら山のバク博士 (理論社ライブラリー)
(1997/06)
富安 陽子高谷 まち子

商品詳細を見る

こぎつねキッペのふゆのうた (おはなしバスケット)こぎつねキッペのふゆのうた (おはなしバスケット)
(2004/02)
今村 葦子降矢 奈々

商品詳細を見る

ちょろりんの すてきなセーター (こどものとも傑作集)ちょろりんの すてきなセーター (こどものとも傑作集)
(1993/03)
降矢 なな

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
(降矢さんの絵)
【ともだちまじない】
【ごめんね ともだち】
【ともだちくるかな】
【ともだちひきとりや】
【ともだちや】
【あいつもともだち】
【ありがとうともだち】
【あかいくつ】
【こんにちはおてがみです】
【めっきらもっきらどおんどん】


あらすじФ(・♀・=)
北の山のてっぺんの三本杉の下には小さな家があります。
そこはヤマンバとその娘のマユが住んでいる家です。

ある日、マユが遊んでいると…とっても大きな人に会いました。
ギラギラした目に、頭の上につのが付いている真っ赤な体のあの人です。
でも、マユはあの人のことがわからないのよね。
(鬼だってばぁ~鬼!!)

この鬼さん、とってもお腹がすいていたので…良い事をひらめきました。
とっても元気な女の子、大鍋で煮て食べてやろう…
「うちに遊びに来ないかい?」と鬼は、にやりとしながら言いました。
マユは、食べられるとも知らずに元気に鬼のあとをついていきます。

鬼が家に行って火を焚く準備をしていたので、マユはお手伝いをすることにしました。
鬼が頼んだことは、薪をひろってくること。
さぁ~元気よく薪を拾いに…拾いに…ひろいに?!

マユは近くに生えている松の木を一本
メキメキッ!!っとひっこぬいてしまいました。
それを見ていた鬼は、目をまんまるにさせて開いた口はふさがらないしまつ…

鬼は、これに懲りてマユを食べるのをやめるのかな?
いえいえ、まだまだマユ入り鍋の準備は進むんです……。


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本、ず~~~~~~っと読みたくて読みたくて…だったのに、すっかり忘れていたんですよぉ(/ω\)いやぁ~やっと借りられてよかった。マユシリーズが面白いというのは知っているので全部読んでみたいなぁ。いやぁ~しかし、この鬼さんお馬鹿さんだなぁ~どこのどなたかわからない子をお鍋にする時には、どこの誰なのか調べておかないとぉ!!このお方はですねぇ~やまんばさん家のマユちゃんなんですよぉ…って今頃言っても、もう遅いか…。あぁ~あ、もう少しミヅポンが読むのが早ければ教えてあげられたのにねぇ。これに懲りて子どもをお鍋にするのはやめなさいね!鬼さん!!そんなマユちゃんのパワフル絵本、ぜひ読んでみてね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/912-eb631e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。