スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


めぐろのさんま(シリーズ6)

めぐろのさんま (落語絵本)
めぐろのさんま (落語絵本)
(2001/12)
川端 誠

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:小学校低学年くらいから~
読み聞かせは4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:川端 誠…1952年に生まれ、シリーズごとに表現技法を変えて、その本の特徴を見事にとらえている。絵本も多数あります。

♪その他の絵本を紹介
うえきばちですうえきばちです
(2007/09)
川端 誠

商品詳細を見る

ときそば―落語絵本12ときそば―落語絵本12
(2007/12)
川端 誠

商品詳細を見る

お化けの冬ごもりお化けの冬ごもり
(2003/12)
川端 誠

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
秋の食べ物と言えば、「さんま」
漢字で書くと「秋刀魚」
これが油がのって旨いこと旨いこと。
しかも、値段がやすいから庶民の秋の定番メニューと言えば「さんま」でした。

ところが、お侍さんは安い魚を「下魚(げうお)」と言って食べなかったそうで…

さて、江戸の目黒のおはなし
殿様を先頭に野がけの一行が昼時に歩いていると
プ~ンといい匂いがしてきました。
殿様が「この匂いはなんだ?」と尋ねましたので
三太夫は、「町人の食べる下魚です」と答えました。
殿様は、どうしてもそのいい匂いの魚が食べたくなり
三太夫は、町人のところに走りました。

そして、殿様のペコペコなお腹の中へ秋刀魚をパクリ!
「これは旨い!!!」
殿様は、初めて食べる秋刀魚に6本も食べてしまいました。

でも、この時代に殿様が外で毒見をしないまま食事をされるなどあってはならぬこと
そこで三太夫…殿様に願いをつたえました……。

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
殿様は旨いものばかりを食べていると思ったら、ちょっと違うのね。殿様は常に毒見された後のものを安心して食べるから→ってことは食べ残しの冷えきったものを食べるようなものだもんねぇ~。そうなると…このアツアツの秋刀魚は、超がつくほど旨い魚なんでしょうねぇ。秋と言えばやっぱり秋刀魚。みなさんはどんな風にして食べますか?私は、焼いた秋刀魚もいいけれど刺身が好きなんですよね。あとさんま寿司:*:・( ̄∀ ̄)・:*:おぉ~ヨダレが出ちゃうぅ。さてさて、この作家さんは、絵本作りをする時に登場人物の気分になりきってそのキャラクターデザインを決めているそうです。絵本の中の殿様と三太夫など…みなさんのイメージにぴったりですか?表情豊かで私はぴったりでしたよん♪読んでみてね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/906-70d6e5b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。