スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真昼の夢

真昼の夢 (ほるぷ海外秀作絵本)
真昼の夢 (ほるぷ海外秀作絵本)
(2006/07)
セーラ・L. トムソンロブ ゴンサルヴェス

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~

著者の紹介☆
文:セーラ・L・トムソン(Sarah L Thomson)…作家で青年・大人向けの小説や絵本などを書いています。

絵:ロブ・ゴンサルヴェス(Rob Gonsalves)…カナダに生まれ、大学卒業後に建築家として働きました。また媚態のセットや壁画を手がけていました。1990年トロント屋外美術展で絶賛され本格的な創作を始めました。

訳:金原 瑞人(かねはら みずひと)…岡山に生まれ、法政大学教授で翻訳家である。

☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【終わらない夜】

あらすじФ(・♀・=)
海に出かけよう…
汽車がやってきた。
鉄橋は……鉄橋は…遠くから石で出来ていて…手前は人柱
(えぇ~!? どこから人にかわったのぉ!!
しかも…人柱って電車渡れないじゃん)

ある日、そよ風に願いを乗せて…
女の子が願いをこめて、青い風船をお空に飛ばしているよ。
その一つ一つの願いが、やがて大きな…になる。
(ステキだぁ~みんなの願いがこれになるといいねぇ。)

ある日、秋風に…小鳥の巣
(ん?誰の巣だって?
遠くでは人間の住んでいる家が建っているけれど…
木の上には?? ハテハテ…このフシギな遠近法にまいったぁ)

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
「終わらない夜」に続く絵本ですが、こちらの絵本もフシギが盛りだくさんなんです。どう盛りだくさんで、どんなフシギ?って言われると…身振り手振りでも伝えられないし、ましてやこれを絵に描いて説明してみろぉ!っと言われるとですねぇ~(^エ^;)こんな感じなんですよぉ。ぜひ、読んでみて下さい。紙の中で自由が広がる絵ってステキだなぁ~って思っちゃいますよ。私もこんな絵を描いてみたいわぁ~(^ε^)♪この絵本は、小さい子には絵で感じる新鮮さがあって、大人には詩の気持ちが伝わるのかなぁ~っと思います。もしかしたら子どもの心はいつもこんなかもしれませんよぉ。私も小さい頃はそんなことを思ったことがある!っとこの絵本を読んで思い出しました。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/893-88a6b985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。