スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うさぎとかめ

The Hare and the Tortoise: An Oxford Classic Fable (An Oxford Classic Fable)
The Hare and the Tortoise: An Oxford Classic Fable (An Oxford Classic Fable)
(2000/04)
Jean de La FontaineJean De Lafontaine

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


こちらは海外版、下をクリックで日本版の詳細にワ~プ!!

うさぎとかめ (ブライアン・ワイルドスミス作品選)うさぎとかめ (ブライアン・ワイルドスミス作品選)
(2000)
ラ・フォンテーヌブライアン・ワイルドスミス

商品詳細を見る


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
文:ラ・フォンティーヌ(Jean de La Fontaine )
絵:ブライアン・ワイルドスミス(Brian Wildsmith)
訳:わたなべ しげお

♪その他の絵本を紹介
とばせとばせ (ワイルドスミスのちいさなえほん)とばせとばせ (ワイルドスミスのちいさなえほん)
(1998/04)
ブライアン ワイルドスミス香山 美子

商品詳細を見る

おきておきて (ワイルドスミスのちいさなえほん)おきておきて (ワイルドスミスのちいさなえほん)
(1998/02)
ブライアン ワイルドスミス香山 美子

商品詳細を見る

ゆめを みた (絵本ファンタジー・わーいいっしょ)ゆめを みた (絵本ファンタジー・わーいいっしょ)
(1996/07)
ブライアン ワイルドスミス石坂 浩二

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【きたかぜとたいよう】
【クリスマスの12日】

あらすじФ(・♀・=)
どこからか声が聞こえてきました。
何だか言い争っているようです…
声のするほうへ近づいてみると、うさぎとかめでした。

ウサギ :「僕は走るのが速い。出中に甲羅がついているのろまな君よりも利口なんだよ。」
カメ :「そんなことあるもんか。それなら僕とかけっこで勝負だ。」
ウサギ :「はぁ!?  僕の勝ちに決まっているだろ。でもそんなに負けたいのなら勝負してやろう」

その話をどこからか聞きつけた森の動物達は集まり
みんなはウサギが勝つに決まっていると決め付けました。
けれど一人…フクロウだけは「まぁ~みててごらん」と余裕の表情。

さぁ~雄鶏の声でスタート!!
一気にスタートラインを飛び出したのは、もちろん自信満々のウサギ
その後ろを……ノッソリ ノッソリとスタートしたのはカメです。

ウサギは、ピョンピョン丘を越えて生垣の前までやってきてしまいました。
後ろを振り向くと、もちろんカメの姿などどこにも見えません。
ウサギはちょっと寄り道をして、草を食べ始めました。
いったいカメは今どこにいるのでしょう?
はい、カメはやっと丘を登り始めたところです。
ノッコラ ヨッコラ ノソノソ はぁ~はぁ~ (;^エ^)=3
重い甲羅が背中でジャマをしています。

ウサギは草を食べると、次の目的地のにんじん畑にやってきました。
プ~ンと香る甘い匂い色艶の良いニンジン…
これはこれは、我慢できずに大好物のニンジンを食べてしまいました。
そしてお腹いっぱいになると、何だか眠くなり草むらで一休み。

カメは丘を越え、生垣までやってきました。
みんなが応援する中で休憩などひとつもせず、黙々と歩きました。
ノッコラ ヨッコラ ノッソノッソ はぁ~はぁ~(;^エ^)=3
やっとウサギのいるニンジン畑に追いつきました。
ぐっすり眠っているウサギの横を一生懸命歩いています。
もちろん、ウサギは夢の中ですからねぇ~気づくわけもありません。

やっとウサギが楽しい夢から覚めたころ…
( ̄□ ̄;)!!はっ
なんとカメは、あと少しでゴールに到着するところです。
こりゃ~いかん!! と、もうダッシュでウサギはカメを追いかけました。
けれど…
どんなに早いウサギの足でもカメのゴールを止めることはできませんでした。

ゴールで待っていた動物達はフシギで仕方ありません。
「ねぇ~どうやってあのウサギを追い抜いたんだい?」


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
みなさんは、カメとウサギどっちのタイプですか? 私は何だかウサギっぽいのよねぇ~(^エ^;)最初はモリモリ頑張るけれど、すぐにご飯を食べて気分が良くなって眠っていそう(/ω\) だからこの油断しているウサギの様子が自分を見ているようで怖いです!! カメさんのように地道にコツコツと進むのが一番すばらしいことなんですよね。自分が歩いた道は、ゆっくりでも必ず結果が出るわけですから、私もコツコツと進めるように少しずつ前に歩いていきたいとおもいま~す。さてさて、この二人はどっちが勝ったのでしょうね? ピョンピョン身軽なウサギさん?? ノッソリ歩いて地道な一歩のカメさん!! どっちもガンバレ(^ε^)♪


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/863-39ac760c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。