スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


森のなかへ

森のなかへ (児童図書館・絵本の部屋)
森のなかへ (児童図書館・絵本の部屋)
(2004/07)
アンソニー ブラウン

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:アンソニー・ブラウン(Anthony Browne)…1946年イギリスのシェフィールドに生まれました。リーズ美術館大学でグラフィックデザインの勉強をしました。主に医学関係の説明図を専門に描いていました。その後、グリーティングカードの製作に携わり、絵本作家となりました。『すきですゴリラ』『どうぶつえん』でケイト・グリーナウェイ賞を2度受賞し、国際アンデルセン賞を受賞するなどイギリスを代表する絵本作家の一人です。彼の作品はユーモアと奥深さがあり大人から子どもに幅広く愛されている。

訳:灰島 かり(はいじま かり)…国際基督大学を卒業。英国のローハンプトン大学院で児童文学を学びました。女子大学などで児童文学を教えながら、児童書の翻訳家でもあり研究をしています。アンソニーさんの作品では2冊翻訳をしています。

♪その他の絵本を紹介
うちのパパってかっこいい (評論社の児童図書館・絵本の部屋)うちのパパってかっこいい (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
(2000/06)
アンソニー・ブラウン久山 太市

商品詳細を見る

どうぶつえんどうぶつえん
(2003/05)
アンソニー ブラウン

商品詳細を見る

うちのママってすてきなの (児童図書館・絵本の部屋)うちのママってすてきなの (児童図書館・絵本の部屋)
(2006/10)
アンソニー ブラウン

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【おんぶはこりごり】
【かわっちゃうの?】
【こうえんで…4つのお話】

あらすじФ(・♀・=)
夜、大きな音で目が覚めた。
窓の外には、大きな稲妻がビカビカしています。

次の日、家の中はシ~ンと静まりかえっている。
…パパが居ない!
ママに聞いてもパパはいつ帰ってくるのかわからない。
パパ早く帰ってきて 帰ってきて 帰ってきて

次の日、ママにお使いを頼まれた。
「おばあちゃんの具合が悪いから見舞のケーキをもって行ってちょうだい。
でも森を通ってはいけないよ。ぐるっと回りなさい」
そう言われておばあちゃんの家を目指したが、
僕は近道をした。

少し森の中を歩くと、牛を連れた男の子に会った。
「お前うまそうなケーキ持ってるな。牛と交換しないか?」
と男の子はケーキを見て言いました。
でも「おばあちゃんの見舞いのケーキだからダメだよ!」と僕は歩き出した。

もっと森の中に進むと、今度は女の子に出会った。
「美味しそうなケーキ持っているのね。私も食べたいわ」と言いました。
けれど、これはおばあちゃんのケーキ
「あたしも食べたいわ。かわいいケーキ」と言う女の子を背にまた更に歩き出した。

森は次第に暗く寒くなってきた。焚き火の前に男の子と女の子が座っていた。
男の子が「僕らの父さんと母さん見なかった?」と僕に尋ねたが
女の子の泣き声を聞きながら僕は更にあるいた。
僕に何ができる?…

更に森を歩くと…

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
どうしてアンソニー・ブラウンさんの作品は面白いの?展開がすごいのと隅々まで見ないと損をする!!みなさんこの絵本を読んだことがありますか?色々なものが描かれていますよ。どんなものが描かれているかと言うと…。まぁ~それはさて置き、この絵本には昔話たっぷりの懐かしい匂いを感じる部分が沢山あります。それは、どこだって?最初の男の子は、牛とケーキを交換してくれ!と言いました。=ジャックと豆の木(まぁ~ジャックは、豆と牛だったけど)、ケーキを横取りしちゃう女の子って=3匹のくま(これも知らずにスープを全部食べちゃうんだけど)、森でお父さんを探している迷子の二人=これってヘンゼルとグレーテルじゃない?(これはそうかもしれないぞ)。その次のシーンは、赤頭巾の登場かもよ!ぜひぜひぜひぜひ読んでみてね。そして僕のところにお父さんが帰ってくるといいねぇ~。
【みんなどれだけ隠れアイテムみつけられた?:*:・( ̄∀ ̄)・:*:】
トナカイ/ムンクのさけび?/牛を連れた男の子の頭の木/ジャックと豆の木のツル/トゲトゲのこん棒/3匹の熊と家/かえる/ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家/仏像/斧/オオカミ/王子様/ラプンツェルのお城と長い髪/鍵/長靴を履いた猫/カラス/ライオン/カボチャ/シンデレラの靴/つむ/笑った顔/ハート/イルカ/眠りの森の美女とお城
まだまだ、あるのかもよぉ~!みんなが発見したもの教えてねぇ。


この記事に対するコメント


v-4 樹さんへ
こんばんは(=^♀^=)ノ お返事遅くなってごめんなさい!!
そうなんですよぉv-352 この絵本「森の中
私もじつは、図書館でこの絵本を予約していた時に、お取り置きの連絡をもらって
「あり? もりのなか?? 読んだのにまた予約したんだっけ?」 なんて予約しておきながら
引っかかってしまいましたΣ(~∀~||;)あはははっ

この絵本は奥が深いと思いますよぉ~~~。
もしかしたら、「ミヅポンの声」にあるアイテムで
読んだことがない絵本を読んでからこの絵本を手にすると、
気づくところも多くて更に楽しめるかもしれませんよぉ♪
ぜひ、読んでみて下さいねっv-398

【2008/08/28 21:23】URL | 【樹さんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


タイトルを聞いて(更新チャックをしているので)最初エッツの『もりのなか』を今日は紹介されるのかと思ったワタシ・・・すみません
またも知らない方の絵本でした
「ミズポンの声」を読ませていただきましたが、たくさんの隠しアイテムがあるのですねv-10
こどもと読んだら、きゃきゃ言いながら楽しめそう♪
是非読んでみたいです!

【2008/08/26 23:09】URL | 樹(いつき) #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/860-27fdb4a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。