スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうぞのいす

どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)
どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)
(1981/11)
香山 美子柿本 幸造

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


The Giving Chair―どうぞのいす(英語版) (R.I.C. Story Chest)The Giving Chair―どうぞのいす(英語版) (R.I.C. Story Chest)
(2006/08)
香山 美子柿本 幸造

商品詳細を見る




対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:香山 美子(こうやま よしこ)…1928年に東京に生まれ、「あり子の記」で第3回児童文学者協会賞受賞。その他も多くの本を書いている。
絵:柿本 幸造(かきもと こうぞう)…1915年広島県に生まれ、1953年より絵本を書き始めました。どんくまさんシリーズは多数あり、やわらかい画風でやさしい絵本を手がけています。

♪その他の絵本を紹介
もりのおくのちいさなひもりのおくのちいさなひ
(1997/10)
香山 美子柿本 幸造

商品詳細を見る

ぴょんぴょんぱんのかばんです (新日本出版社の絵本 ふれあいシリーズ 2)ぴょんぴょんぱんのかばんです (新日本出版社の絵本 ふれあいシリーズ 2)
(1982/01)
香山 美子

商品詳細を見る




☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【どんくまさんにふゆがくる】
【どんくまさん みなみのしまへ】
【どんくまさんと おたんじょうび】

あらすじФ(・♀・=)
うさぎさんが、日曜大工をしているよ。
小さな木のイスをせっせとつくり、
背もたれに自分のしるしとして短い木でしっぱをつけてできあがりぃ。

かわいいイスをどこにおこう?
そうだ!!
どうやらうさぎさんに、良い考えが浮かんだみたい

立て札を作り、一本大きな木がある丘にそのイスを置きました。
そして立て札の文字は、「どうぞのいす」(うさぎさん、やさしぃ~~~&かわいい(^▽^*)

はじめにやってきたのは、どんぐりを詰めた大きなカゴを背負ったロバさんです。
「どうぞのいす」の文字を見ると
重たい荷物を持ってつかれていたので、いすにどんぐりのカゴを置いて
近くの大きな木にもたれて一休み。

するとそこに、くまさんがやってきて
イスを見て言いました。
これはこれは……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
「どうぞのいす」とってもやさしくて、かわいらしくて私は大好きだなぁ~っと思いました。みなさん「どうぞのいす」が自分の前にあったらどうしますか? しかも、ロバさんの置いたどんぐりのカゴが乗っている…どんぐりが好物ならば…もちろん(食べる!!)…だって「どうぞ」って書いてあるでしょ!! うさぎさんはいろんな人が休めるように作ったのですがね(^▽^;)でも結果的にみんなが幸せになれれば、どうぞのいすはうれしいのかもねっ。ぽかぽかのやさしい絵本を読んで、みんなもやさしい気持ちになってね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/857-5b7c156a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。