スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


げんきでね

20080820.jpg

※Amazonに画像がなかったのでスキャナーで取り込んだ画像です。
詳細は、をクリックして下さいね!!

げんきでねげんきでね
(2008/08)
フレンド 広子
商品詳細を見る


対象年齢:5歳くらいから~

著者の紹介☆
作:フレンド・広子(ふれんど・ひろこ)…神奈川県に生まれ、青山学院大学を卒業。その後アメリカの大学でジャーナリズムを専攻し、帰国後は新聞や雑誌の取材や編集・通訳など幅広い分野で活躍をされています。この絵本は彼女のデビュー作です。

絵:タカオカ ヨウスケ…愛媛県で産まれました。漫画や絵本などで活躍するほか、東京の新大久保駅の高架下に大きな壁画を描きました。

♪その他の絵本を紹介
(タカオカさんの作品)
デッカイノがやってきたデッカイノがやってきた
(2008/02)
高岡 洋介

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
男の子ジェイが生まれたときには、家族の中にラブがいました。
ラブって?
おばあちゃん犬です。

ジェイが大きくなる側にはいつもラブがいる
ジェイが大きくなれば、ラブだってもっとお年寄りになる。

ラブはね、真っ白でフワフワの犬
まるで空に浮かぶ雲のよう
ジェイが空を見上げると、フワフワのラブ雲を発見!!

ジェイがサッカーボールも上手に蹴れるようになった夏休みのころ
なんだかラブは元気がありません。
大好きな散歩だって…
今まで食べていたご飯だって…

………

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
ビエェ~~~~~ン。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。大泣きですわぁ!!!! この絵本を書いた方はブログでもお世話になっているお友達【迷えぬ羊の独り言】の羊さんの作品なんです。彼女のデビュー作のこの絵本。動物と一緒に暮らしている方にはグッとくる絵本ですよ。私の家族にも動物がいるので、この絵本はハンカチ無くして読めない絵本でした。相棒と「ええ話やなぁ~~~」とオロオロしてたんですよ。生き物には必ず誕生したら限りがくるんだよね。その命について深く考える絵本です。フレンド・広子さんが大切に温め力を注いだ作品です。ぜひ、命の大切さをこの絵本を通じて感じてみてねっ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/853-7b870141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。