スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ずっとそばに

ずっとそばに… (レインボーえほん 18)
ずっとそばに… (レインボーえほん 18)
(2007/11)
いもと ようこ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



2008年 夏休み推薦図書に選ばれています

対象年齢:小学校1年生くらいから~(推薦図書の年齢)
       3歳くらいから~

著者の紹介☆
いもと ようこ…1944年兵庫県に生まれ金沢美術工芸大学を卒業後、教員生活を経て絵本の世界に入りました。独自の貼り絵の方法で心温まる世界観を表現しています。作品に『いないいないばあ』『こりすのはつなめ』『くりすますの いぬ』などなど他数あります。『ねこの絵本』や『そばのはなさいたひ』では2年連続ボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞。『うたの絵本?』では1987年同賞グラフィック賞を受賞しています。


♪その他の絵本を紹介
ひとりじめ (しつけ絵本シリーズ)ひとりじめ (しつけ絵本シリーズ)
(2004/09)
本間 正樹いもと ようこ

商品詳細を見る

むくどりのゆめ (大人になっても忘れたくないいもとようこ名作絵本)むくどりのゆめ (大人になっても忘れたくないいもとようこ名作絵本)
(2005/10)
浜田 廣介いもと ようこ

商品詳細を見る

あかちゃんのためのえほん (10) いいおかおあかちゃんのためのえほん (10) いいおかお
(1993/04)
いもと ようこ

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【しっぽのつり】
【はなさかじいさん】
【おともだちどっきり】
【あめあがり】
【ぽよよんのはら】
【ねずみのすもう】
【もうすぐおしょうがつ】
【くりすますのいぬ】
【ねこの絵本】
【もうおねしょしません】
【おばけのがっこうへきてください】
【おともだちほしいなおおかみくん】
【あしたもあそぼうね】
【ぼくやってみるよ】
【たんじょうびのおきゃくさま】
【きつねとぶどう】
【みんなげんきで七五三】
【いもほりよいしょ】
【おおきなおおきな木】


あらすじФ(・♀・=)
昔の森にはたくさんの食べ物と動物達が暮らしていました。
そこに人間がやってきて
動物達は、山奥に追いやられてしまいました。

ある日、大きなクマさんが
親のいない子たちに言いました。
「みんな仲良くして、人間のいる里には下りてはいけないよ」
子ども達は、クマさんの言うことをよく聞き
クマさんも、親のいない子たちをとってもかわいがりました。

次の年、山の木の実はなりませんでした。
みんなお腹をすかせ、子ども達は弱っていきます。
そして………

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
地球は人間が一番偉くなってしまって、動物達のことなんて考えて生活をする人はほんの一握りなんですよね。絶滅しそうになると増やそうと努力して、増えすぎると減らす努力をする。これって人間の身勝手よねぇ。しかも人間が生活を豊にしようとすると、動物達の家を奪ってしまうわけですから…なんと人間が生きるために残酷なことをしているのかと思うと「ごめんねっ」って言葉しか出てきません(/ω\)だからと言ってこのままではいけないんだよね。もっと「自然と共に生きなくては!!」 ぜひ、この絵本を読んでほんのチョットでもいいから動物達のことを考えてみてねっ。夏休みの推薦図書に選ばれているので、読んでみて~~~♪


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/845-68a8d566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。