スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


へんてこ へんてこ

へんてこへんてこ (びじゅつのゆうえんち)
へんてこへんてこ (びじゅつのゆうえんち)
(2004/04)
小野 かおる

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:小野かおる…東京に生まれ、東京芸術大学油画科を卒業すると、スペースデザイナー(壁画デザインやモニュメントの作製)として活躍をされました。絵本も多数あり、東京造形大学名誉教授をしています。

あらすじФ(・♀・=)
ん~~~落ち葉がヒラヒラ、足がはえて動き出した(鳥かな?)のを
ほそ~い体のカラフル模様の人が見て…
「へんてこ なんだかへんてこ」
(ミヅポンのあらすじもヘンテコだなぁ~)

葉っぱの姿の鳥?を追いかけて、その後ろを細い人がおいかける
チョウの飛ぶお花畑にやってきた。
でもだたのお花畑ではありませぬ。
トマトの輪切りがポン きんかんの輪切りがポン グリンピースの豆がポコポコ
パプリカだっていろんな形で咲いている。

おやおや?ここはどこかな?
葉っぱの鳥は、高い平均台のような真っ直ぐなところにあがって
どこにいくの?


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
芸術とは奥が深い…この絵本は色々な子ども雑誌や何かで目にすることがあって、やっと図書館から借りて見たのですが、最初のミヅポンの言葉通り「芸術は奥が深い!」まさにそれなのです。理解できる人にはわかるし、理解できない人には…ず~~~~と理解できない。芸術とは好き嫌いがハッキリします。色の好みもハッキリします。私は…ちょっと苦手だったなぁ(^エ^;)色が独特過ぎて目に強すぎるんですよね。見終わってから圧倒されてしまいクラクラしちゃいましたぁ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。でも、みなさんにとっては、すばらしい絵本になるかもしれないので…私の意見だけでこの絵本を選ばないのはもったいないのです♪それに、この絵本に登場する野菜や使い方などが一番最後のページにあるから楽しみも多くなると思いますよ。ミヅポンは芸術がわかってないなぁ~と思いながら、ぜひ読んで見てね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/840-25c420f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。