スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おばけやしき

おばけやしき
おばけやしき
(1987/01)
ジャン・ピエンコフスキー

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~(仕掛け絵本なので対象年齢を高めにしています。)

著者の紹介☆
作:ジャン・ピエンコフスキー
訳:
でんでんむし


♪その他の絵本を紹介
ねこにこわいものはなし (しかけえほん)ねこにこわいものはなし (しかけえほん)
(2007/12)
ジャン・ピエンコフスキー

商品詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
お待ちしていましたと入ったのは、古いホテルの入り口
家の中は、クモがブラ~ンと下がっている不気味な空気
ギシギシしている階段を上ると、一枚の人とネコの大きな絵画が……
ん?目が…あれ?!

な~んだ!ここはキッチンかぁ~。
お皿を誰が洗っているの?……タコ?!
冷蔵庫を開けると
ひやぁ~~~~~~~~~!!!!ビックリ
他のところを開けると、何だか変なものをしまってあるなぁ
大丈夫?ちゃんと食べられる物が出て来るんでしょうねぇ(怖)

案内された部屋で、「火の側におかけください」と言っても
こんな落ちつかん部屋で、ごゆっくりってのも…
鳥のはく製は、パタパタと
大きなゴリラがソファーに座っているし…こわいよぉ。

お風呂に入らせてもらったけど、こんなに怖いお風呂は初めてでございます。

……。

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本は、図書館で借りたのですが…ガッかりです。仕掛け絵本がほとんど壊れていました。図書館の絵本は、こんなもんかとも思いながらも…図書館の絵本だからこそみんなが大切にしなければならないのにね。さてさて、この屋敷には、お化けがいらっしゃるようですよ(タイトルからわかるって?!)隅々にわたってしかけがあって、大きな仕掛けから小さな仕掛けまでたっぷり楽しめる絵本ですよ。仕掛け絵本だけにちょっとお高めではありますが、おばけが好きな人にはピッタリの絵本です。ぜひぜひ、開いてビックリしてみてね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/839-275c239b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。