スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


りこうなおきさき

りこうなおきさき (いわさきちひろ・名作えほん)
りこうなおきさき (いわさきちひろ・名作えほん)
(2005/09)
ガスター立原 えりか

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~

著者の紹介☆
原作:ガスター
文:立原 えりか…1937年に東京に生まれ、高校時代より童話を書き始めました。1957年に「人形のくつ」を自費出版し、日本児童文学者協会新人賞を受賞しました。「ゆりとでかでか人とびちびち人のものがたり」で講談社児童文学新人賞を受賞。そのほかも多数の童話を書いています。
絵:いわさき ちひろ…1918年東京に生まれ、府立第六高等女学校を卒業しました。女学校時代より岡田三郎助画伯に画を学び、後に中中谷泰、丸木俊さんに師事、書を藤原行成さんから学びました。子供の生涯を描いた絵は数多く9300点もの作品を残し、1974年55歳の若さでこの世を去りました。1977年に東京のアトリエ兼自宅に美術館を開館、その後1997年には安雲野みの美術館を開館しました。

♪その他の絵本を紹介
はじめてのなつやすみ ほか4話 (いわさきちひろ・おはなしえほん)はじめてのなつやすみ ほか4話 (いわさきちひろ・おはなしえほん)
(1986/06)
立原 えりかいわさき ちひろ

商品詳細を見る

あきかぜのおくりもの ほか4話 (いわさきちひろ・おはなしえほん)あきかぜのおくりもの ほか4話 (いわさきちひろ・おはなしえほん)
(1987/10)
立原 えりかいわさき ちひろ

商品詳細を見る

ふたりのゆきだるま ほか3話 (いわさきちひろ・おはなしえほん)ふたりのゆきだるま ほか3話 (いわさきちひろ・おはなしえほん)
(1987/12)
立原 えりかいわさき ちひろ

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【あかいふうせん】
【にんぎょひめ】
【つるのおんがえし】
【あおいとり】
【しらゆきひめ(グリム童話)】
【あかいくつ(アンデルセンのおはなし)】
【うらしまたろう】
【たんぽぽのサラダ 春】
【おにたのぼうし】
【あめのひのおるすばん】
【おやゆびひめ】
【ゆきのひのたんじょうび】
【ちひろの絵のひみつ】


あらすじФ(・♀・=)
ある日、王子様が大臣に言いました。
「私の羊を2000匹市場で売り、売れた羊の代金と羊を全て持って来てくれ!」
何ですと…?
「羊を売るけど、羊と金を持って来い?」
そんな無理難題に、大臣はひどく困りました。

大臣が娘にその話をすると、娘は答えました。
「羊を市場に連れて行き、羊の毛を売ればよいのです。
そしてその代金と羊を連れて戻れば良いのですよ。」

大臣は娘に言われた通りにすると、王子はたいそう喜びました。
そして大臣が娘に言われたことを話すと…
大臣は言いました。
「娘に会ってみたいものだ。服を着て裸で馬には乗らずに歩かずに
地面に足をつけて娘をよこしなさい」
何ですと…?
(チンプンカンプンでわからなくなってきたぞ…(^エ^;))

次の日、娘はやってきました。
それはね……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
なんと賢い娘さんなのでしょうか。やっぱり頭がいいというのは得をするのですねぇ。私などお馬鹿ちゃんですので…そのせいでかなり(自分自身の)足をひっぱっているような。さて、この無理難題を言いつけた王子様。そんなのムリに決まっているじゃん! って思った人は沢山いるでしょう?…?あれ?わからなかったのは、ミヅポンだけ? ミヅポンなんて王子様が何を言っているのか日本語なのかもビミョウだったよ(笑)こんな謎々のような絵本をぜひ読んでみて下さいね。この娘さんは、ホント頭が良いのです。だって、タイトルからして…ねっ♪♪


この記事に対するコメント


v-4はなびやさんへ
おはようございますぅ(^ε^)♪
あっ! この絵本読んだ事ありますかぁo(^∇^*o)(o*^∇^)o~♪
しかも似ている絵本があったとか…。
もしかしたら、昔話のようなところからこのお話が誕生しているのかもしれませんねぇv-352
「なぞなぞ好きな王様」今度、図書館で探してみまぁ~す♪
でもなぁ~先にちひろさんの絵にメロメロv-10になって
しまったからなぁ~о(ж>▽<)y ☆違和感がありそうでしゅ。
教えて下さってありがとうございましたぁ!!

【2008/07/07 06:32】URL | 【はなびやさんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


私もこの本読んだことがあります。
いわさきちひろさんの絵にひかれたのですが、「なぞなぞ好きな王様」だったかな?どこかの国の昔話とよく似た内容だったので驚きました。いわさきちひろさんの絵本の方が絵が洗練されていたので、本の表紙からでは同じ話だとは想像できませんでしたよ。

【2008/07/05 10:42】URL | fはなびや #-[ 編集]


v-4 羊さんへ
こんにちは(^▽^*)
わぁ~羊さんがDJオズマのコスチュームでムキムキ 
おもちゃの車でお城に向かっているところを想像したら
大笑いしちゃいましたよぉv-411
私ならば、そんな羊さんに道を譲ってしまうわっ♪
でも、想像力の路線で行けば間違ってはいない感じですよぉ。
このお姫様は、…答えを言ってしまうと…他の方に楽しみがなくなってしまうので(^▽^;)
チョビット答えをでご勘弁を♪
えっとですねぇ~このお姫様はですねぇ~(@ ̄ρ ̄@)
「服を着て裸で…」ってところが、チンプンカンプンな感じなんですが
服ではないけど巻きつけられるものを身にまとったんです。
それは、漁師さんが地引網なんかで使う…例のものでございますv-389
そして、「馬には乗らずに、歩かずに 地面に足をつけて」
ハ!?Oo。。( ̄¬ ̄*)って感じですが…
馬には乗らずに…だから以外ならばOKってことで、歩かずに足をつけて
ってことは、人の尻くらいに座高がくる…あの動物なんでございます。
まぁ~この時代おもちゃの車v-448は残念ながらないので、
こっちはチョット近からず遠からずってことろでしたねぇ♪
もし日本に来ることがあれば、探してみて
この一休さんのようなとんちを読んでみて下さいねぇv-441

【2008/07/03 15:19】URL | 【羊さんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]

頭・・・硬!!!


「服を着て裸で、馬には乗らずに、歩かずに
地面に足をつけて・・・」

ふむふむ、羊が姫だったら・・・・

紅白歌合戦で論争を巻き起こしたDJなんとかさんから、あのコスチューム借りて、
足で蹴りながら進む、おもちゃの車で参ります・・・。

なんて乏しい想像力・・・。

答えはなんですか!?!?!

【2008/07/03 10:25】URL | 羊 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/805-c46ff81b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。