スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そのつもり

そのつもり
そのつもり
(1997/12)
荒井 良二

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:荒井良二(あらい りょうじ)…1956年山形県に生まれ、日本大学芸術学部を卒業しました。絵本や広告舞台美術など幅広い分野で活躍しています。講談社出版文化賞や小学館児童文化出版賞などなど多数の受賞歴があります。

♪その他の絵本を紹介
はっぴぃさんはっぴぃさん
(2003/09)
荒井 良二

商品詳細を見る

しりとりあそびえほんしりとりあそびえほん
(2002/05)
石津 ちひろ荒井 良二

商品詳細を見る

さるのせんせいとへびのかんごふさんさるのせんせいとへびのかんごふさん
(1999/11)
穂高 順也荒井 良二

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【十二支のはじまり】
【魔女からの手紙】
【二つの展示会】

あらすじФ(・♀・=)
緑の葉がワサワサした森は
「そのつ森」って名前。

この森では、ず~っと昔から会議が開かれてきました。
議題はもちろん、森にある空き地をどうするか

でも…何年も何年も決まらずにここまで来ています。
今日も空き地に動物が集まって、フクロウの挨拶で会議が始まるよ。

まず…猿の意見は
「ぜひ穴を掘って温泉にしましょう!」
みんなは……少し考えてみる
そして「いいねぇ~~~~~~~~~」と言って
そのつもりになって、温泉に入った気分になってみた
ほえぇ~~~~~~~~~~~~~

そこに「僕たちは」と言ったのはオコジョ
「山よりも高い物を作りたいなぁ」と言ってみた
少しみんなも考えて「いいねぇ~~~~~~」っと
そのつもりになって想像してみた。
山よりも高~い木のてっぺんに、大きな板を乗せ
みんなで高いところで楽しんでみた…

カラスは、「やっぱりさぁ~~僕は……」

ミヅポンの声(^♀^)/
「なってみたつもり」良いよねぇ!楽しいよねヽ(*^ω^)人(^ω^*)ノ♪♪絵本を作る時にいっつも「なったつもり」になって考える事が多いので、この絵本はとてもなじみ深かったです。あ~なったり こ~なったりって想像するのは、とても想像が膨らんで楽しい事。でも現実になったら、も~っと良いのだけどねA(^♀^;)この絵本の森の動物 達も「空き地をどうするか?」で色々な想像をしていますよ。そして最後には……読んでからのお楽しみ!


この記事に対するコメント


v-4 らぴ~♪さんへ
こんばんにぃ~(^∀^)ノ
そうそう、荒井さんの絵本は沢山あり過ぎて…
時々読みたい絵本を忘れてしまいます v-399
らぴ~♪さんの紹介して下さった絵本も私は未読なので
今度図書館で、荒井さん絵本をドッサリ借りてこないとだわ!!
いやいや、こちらこそ紹介ありがとうございますぅ♪

>いわさきちひろさんの絵本もたくさん紹介
そうなんですよぉ!! ハマってしまって図書館にある
ちひろさんの昔話やアンデルセン・グリムなどなど
た~~~~くさん借りてしまいました。
ぜひぜひ、このブログを参考に読んでみてくださいねっv-398

【2008/06/11 00:04】URL | 【らぴ~♪さんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


ちわーーっす(^o^)丿
荒井さんのイラスト時々ついてけない絵本もあるけれど^^;
好きです!特に『さるのせんせい~』はHITですね。
この『そのつもり』はのちのち読みたいリストに長いこと入っていて忘れ去られそうでした。。。ああ、良かった思い出せて。
ミヅポンさん、ありがとう。
いわさきちひろさんの絵本もたくさん紹介されてて
追いつかない~~~とヒイヒイ嬉しい悲鳴ならぴ~♪です。
φ(..)メモメモ^^;

【2008/06/10 11:20】URL | らぴ~♪ #4kczMfbM[ 編集]


v-4 羊さんへ
こんばんは(=^♀^=)ノ
>子供の好奇心や探究心をこうも自然に引き出せるお話が多いんでしょうね?
ホント!!その通りです(^ε^)♪私もその心を天から頂きたいくらいです。
でも、荒井さんのTV番組や本人とお会いすることがあった中で、
「この絵本は、この方から生まれたに間違いない!」と思うような人でした。
考え方や生活スタイルが絵本の中にギュッと詰まっているなぁ~って感じました。

なかなか大人になると、世間のお固い事情で柔軟な考え方が出来なくなったりしますが、
私もいつまでも子どもの心を忘れずに冒険する心を
持っていたいなぁ~って思います♪
ジュンナココロ(*´♀`*)。o○ワカクナァ~レ シワヨヘレェ~

「ルフランフルラン」 未読なんですよぉ~(^エ^;)
No1ちゃんが大好きなら今度図書館で探してみま~す!!
荒井さんの作品は、細かなところにまで笑どころ多いので楽しみだわっv-352

【2008/06/09 22:06】URL | 【羊さんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]

いい本ですよね!


荒井さんの絵本ってどうして子供の好奇心や探究心をこうも自然に引き出せるお話が多いんでしょうね。
大人には??でも子供には!!な絵本、多いですよねぇ。

ルフランルフランも羊的には「う・・・ん、ちょっと違う世界すぎて」みたいなところがあるのですが、長女は大好きです。空想の世界がここまで確立されて、物語として面白く書けるのはやっぱりすごいなぁって感心しちゃいます。

羊はまだこの本を読んだことがないのでまた帰国の際に楽しみな本が増えて嬉しいです!!

【2008/06/09 19:14】URL | 羊 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/779-99ad6e62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。