スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こねこのぴっち

こねこのぴっち (大型絵本)
こねこのぴっち (大型絵本)
(1987/11)
ハンス・フィッシャー石井 桃子

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ハンス・フィッシャー
訳:石井 桃子(いしいももこ)…1907年埼玉県に生まれ、日本女子大学英文科を卒業し文芸春秋社に入社。40年間「くまのプーさん」を創刊。創作の「ノンちゃん雲に乗る」を出し、ベストセラーとなる。児童文学者として活躍する中、自宅を子ども達の為に開放し「かつら文庫」を解説。文庫の普及に大きな影響をあたえ「東京子ども図書館」も設立しました。2008年4月2日老衰のため死去。

♪その他の絵本を紹介
たんじょうび (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)たんじょうび (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)
(1965/10)
ハンス・フィッシャーおおつか ゆうぞう

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
お父さん猫のマリとお母さん猫のルリには、5匹の子どもがいました。
5匹の中でも一番小さくて、かごに入っておとなしくしているのは
ピッチ

犬のベロは、ピッチが他の猫よりもおとなしいからちょっと心配でした。
4匹の猫は、いたずらっこでリゼットおばさんが編んでいた編み物にじゃれています。
でも、ピッチはそんなことをしたくなかったので家を出ました。

リゼットおばさんが飼っている動物は、他にもたくさんいます。
ピッチは、ヒヨコと遊びたいと思いました。
けれど雌鳥母さんが子ども達を呼びつけて遊ぶことができません。
そこに、雄鶏がやってきてりっぱに歩いていました。
ピッチはこれをみて思いました。
「僕も りっぱな雄鶏になりたい!」
そこでピッチは、雄鶏のマネを始めました。
胸を張って歩く。
手を使わずにご飯を食べる…
「コケコッコォ~」と大きな声で鳴いていると
他の雄鶏がうるさいとやってきて、大喧嘩に。

ピッチは、雄鶏になるのは ヤメ ヤメ
道を歩いていると
原っぱに1匹のヤギがいました。これもリゼットおばさんのヤギ
「僕は、やぎになってみたいなぁ~!! 」と、ピッチは思いました。
そして、ピッチは2本の枝を角代わりにあたまにつけて……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
おとなしいピッチは、兄弟から離れて兄弟とは違うものに興味をしめしました。雄鶏のように胸を張って、ヤギのように立派な角…色々な出来事がピッチに訪れますよ。そしてピッチは大変な事になってしまいます。それは読んでみてね!でもさぁ~子どもの頃って、あれになりたいとか…これになりたいとか…いろんな夢がありましたよねぇ☆みんなはどんな「夢」を持っていました?? そして小さいことの夢に近づけたかな? 私はもっともっと努力が必要みたいです。
さてさて、ペンで描かれた絵にポン ポンと色を乗せているのに、どうしてこんなにかわいいのかしら?ハンスさんの腕にかかるとペンが魔法のペンになってしまうのかしらねぇヽ(*^ω^)人(^ω^*)ノ♪♪と~ってもかわいくて、私は好きです♪猫&犬好きだからかしら…(^▽^*)


この記事に対するコメント


v-4 なずなさんへ
こんばんはヾ(@^▽^@)ノ
おぉ~! 子どもたちに伝えるという仕事では、なずなさんの夢は叶いましたねっv-398
私は小さい頃、男の子だと…ず~っと思っていたんですv-393
お父さんのことが大好きで、みんながかわいらしい長靴を買っているのに…お父さんと同じ「黒がいい」と騒いで見たり、もちろんランドセルも黒がいいと言い張って、泣く泣く赤になっちゃいましたが。「スカートなんて、女のはくものだ!」と、幼少時代はズボンばかりでした。(←今でもズボンばかりです)毎日泥んこになって基地を作ったり駆け回ったりケンカしたりと…女の子を産んだはずの両親はガッカリだったかもね。だからもちろん夢も数多く言ってきましたが、男の子が夢見るようなものでしたよ(^^;)
でも、小さな頃から絵を描くことは大好きだったので…今、絵を描いて紹介できることは夢に近づいたと言えるでしょう(^^)
なずなさんの幼少時代の夢が聞けて、うれしかったです♪♪
ぜひぜひ、TB利用してくださいね。私もお願いしま~す。

【2008/05/30 23:04】URL | 【なずなさんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


ミヅボンさん、こんばんは!
わたしは、小学生のころは小学校の先生に、書道を習うと書道の先生に憧れるといった子どもでした。(今は保育園勤めですので、まあそれに近いといっていいでしょうか…)
だから、ぴっちが動物に会うたびにその動物に憧れる気持ち、わかるわかる~といった感じなのです。
以前書いた記事、TBさせてくださいね!

【2008/05/30 21:31】URL | なずな #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/770-839b4740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こねこのぴっち

これも、石井桃子さんの訳です。こねこのぴっちの仕草 が、なんともかわいい絵本。ぴっちをとりまくりぜっと おばあさんや動物達も生き生... 「こどもの本のくに」おでかけガイド【2008/06/01 20:57】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。