スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ともだちひきとりや

ともだちひきとりや (「おれたち、ともだち!」絵本)
ともだちひきとりや (「おれたち、ともだち!」絵本)
(2002/03)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介
作:内田麟太郎(うちだ りんたろう)…1941年に福岡県に生まれ、特徴のあるお話は幅広い年齢層に愛されています。「さかさまライオン」では絵本にっぽん賞を、「がたごとがたごと」では第5回日本絵本賞を「うそつきのつき」では小学館児童出版文化賞を…と数多くの賞を受賞したくさんの絵本を出版しています。

絵:降矢 なな(ふりや なな)…1961年に生まれ、和の世界も洋の世界も巧みに表現をしています。スロヴァキュアのブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。

その他の絵本を紹介☆
ごめんねともだちごめんねともだち
(2001/03)
降矢 なな、内田 麟太郎 他
商品詳細を見る

ともだちくるかなともだちくるかな
(1999/02)
降矢 なな、内田 麟太郎 他
商品詳細を見る

あしたもともだちあしたもともだち
(2000/10)
降矢 なな、内田 麟太郎 他
商品詳細を見る


☆これまでに紹介した著者の本
【ともだちや】
【あいつもともだち】
【ありがとうともだち】

あらすじФ(・♀・=)
やれやれ、今日もあの二人は言い争いをしているようです。
誰と誰がですか?
体の大きなイノシシと小さなイタチですよ。
原因は、イタチがイノシシを呼ぶのに「さま」をつけないから。
どうやら、イノシシはイタチをこぶんにしたいようです。
でも…イタチは友達だと言い張ります。
それがケンカになってしまったのね。

そこで、キツネは良い事を思いついてオオカミに相談をしました。


次の日、イノシシが大好物の干し魚をしゃぶっていると
キツネとオオカミがヘンテコな姿でやってきました。

「えぇ~ひきとりやです。いらなくなった友だちを干し魚5本と交換します。」
いらなくなった友達ひきとりやだって?
イノシシは、イタチを干し魚5本でひきとってもらいました。

イノシシの手元には、干し魚5本
イタチは、オオカミとキツネの友達となったわけです。

さて次の日、オオカミとキツネとイタチが遊んでいると……

ミヅポンの声(^♀^)/
「ともだちひきとりや」とは、楽しい事を思いつきましたね。けれど…イノシシくん良いのですか?ホントに…(-♀-;)イタチくんが二人の友達になっちゃうよ。イノシシくん一人ぼっちになっちゃいますよ。まさか皆の中には、干し魚と友達を交換する…なんて人はいないよねぇ。そう思っている人は、この絵本を読んで考え直してみてね。この絵本もシリーズの中でとても好きなのですが、どれを読んでもいつもジ~ンとしちゃうんだよね。ミヅポンのおすすめ絵本なのです♪


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/741-fdb6000e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。