スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はるかぜのホネホネさん

はるかぜのホネホネさん (こどものとも傑作集)
はるかぜのホネホネさん (こどものとも傑作集)
(2007/02/07)
にしむら あつこ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:にしむら あつこ(西村 温子)…1972年に東京に生まれ、文化服飾学院で洋裁を学び、卒業後に絵本の制作をはじめました。

♪その他の絵本を紹介
ゆうびんやさんのホネホネさん (こどものとも傑作集)ゆうびんやさんのホネホネさん (こどものとも傑作集)
(2003/04)
にしむら あつこ

商品詳細を見る

ゆきのひのホネホネさん (こどものとも傑作集)ゆきのひのホネホネさん (こどものとも傑作集)
(2005/10)
にしむら あつこ

商品詳細を見る

野をこえて野をこえて
(2001/11)
にしむら あつこ

商品詳細を見る




☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【こんにちは、おてがみです】

あらすじФ(・♀・=)
ホネホネさんは、郵便屋さん。
しかも配達係なのねぇ。
今日も元気に、春の道を自転車で走って配達するよぉ。

ゆらゆら柳に着きました。
鳥のトリオちゃんにカワセミ君からお手紙です。

さ~ってどんなお手紙?
どうやら、春風祭りのお誘いのようです!

それを聞いたトリオ君は、竹を切り始めました。
ん~カワセミ君のお手紙には何が書いてあったのかな?
どうやら竹を使うみたいよ。

ホネホネさんは、綺麗な桜並木を通って次の配達に向かいます。
ここは、もじゃもじゃばやしの……


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本は、昨年の春に書店に並んでいて…図書館から借りてこようと思っていたのに…す~っかり忘れていて今年の登場になってしまったんですよぉ。しかもホネホネさんシリーズを読むのは初めてだったので、表紙に、何だかフシギな気持ちにさせられました。皆さんはホネホネ(骸骨)好きですか?私は、昨年書店で見たときに「えぇ~骸骨?!」っとびっくりしちゃったんですぅ。でもページを開くと、かわいい骸骨のホネホネさんもいるのねぇ~っと思いました。それに一生懸命なホネホネさん。色々なところに配達しています。この絵本を開いて、一緒に配達に行って下さいね。


この記事に対するコメント


v-4 なずなさんへ
こんばんは(^ε^)♪
おっ!このシリーズは、次男君が好きなんですねぇ♪
最初は、表紙にビックリしちゃったのですが…なるほどぉ~e-77
これは人気の出る絵本だわぁ~っと思いました。
かわいらしいステキな絵本ですよねぇo(^∇^*o)
この絵本、図書館で借りるのに3人待ちだったんですよぉ。

お子さんと、お出かけしながら絵本の話が出てくるなんて
とってもステキ&楽しそうだなぁ~~~~~♪
私も一緒にポカポカした春の道を、絵本に登場する場面を
話しながら歩きたいのですぅv-439

【2008/04/09 21:53】URL | 【なずなさんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


v-4 はなびやさんへ
こんばんは(=^♀^=)ノいつも、色々なコメントありがとうございますぅ。
関東地方の桜は、葉桜になりそうなんですけど…
4月ですからねぇ~春らしい絵本をいっぱい紹介できればと思ってぇо(ж>▽<)y ☆
おっ!はなびやさんもこの絵本に驚いた方なのですねぇ。
ホネホネだけど…私もこの絵本は楽しいなぁ~と思いました。
「こぶたのブルトン」は、絵本と言うよりも…アニメをみているような
ぶっ飛び感で、それが私ツボにはまっちゃいましてぇ~!
春と秋の2冊を持っています(^^)今年中にはあと2冊揃うかな?!

石井さんの訃報は、私も驚きました。
知ったのはお友達のブログさんのところだったのですが、
それから色々調べて自分でもブログに載せたんです。
はなびやさんのおっしゃるとおりで、そんな優れた方がこの世をさってしまうのは悲しいですよね。
また、昨年どっぷりはまったピーターラビットで
翻訳をされているだけにショックも大きいです(/ω\)

【2008/04/09 21:40】URL | 【はなびやさんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


このシリーズ、次男が大好きです。先日もお出かけ先に
スイレンの池があったら、「スイレンイケ!」と言いながら
ナマズさんを探していました。

【2008/04/08 17:44】URL | なずな #-[ 編集]


こんにちは。お花見絵本特集ですね。ほねほねさん、キャラクターとしては驚きましたが、読んでみると意外にラブリーなんだなと思いました。シリーズの町の地図を見比べるのがおもしろいです。

「こぶたのブルトン」は初めて読んだ時は、あまりのぶっ飛びように驚きました。今は、おもしろい本だと思っています。

石井桃子さんの訃報は驚きました。ご高齢でもお元気だと思っていたのですが、ピーターラビット始め、海外の優れた作品を残していただけた功績は大きいと思います。

【2008/04/08 10:50】URL | はなびや #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/714-ebd3a5d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。