スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うさぎのホッパーはるをさがしに

Flocon Trouve UN Ami/Hopper Hunts for Spring
Flocon Trouve UN Ami/Hopper Hunts for Spring
(1995/03)
Marcus Pfister

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


※画像が用意できなかったので、海外版です。日本版は下をクリックしてね。

うさぎのホッパー はるをさがしにうさぎのホッパー はるをさがしに
(1992/11)
マーカス フィスター

商品詳細を見る



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:マーカス・フィスター(Marcus Pfister)
…1960年スイスのベルリンに生れる。高校卒業後ベルリンの美術工芸学校を出て、グラフィックデザイナーになりました。1993年に『にじいろのさかな』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞している。
訳:小沢 正(おざわ ただし)…1937年東京に生まれ、早稲田大学教育学部を卒業。在学中に幼年童話誌を創刊し、卒業後は出版社に勤務する。その後フリーとなり童話誌を創刊し現在に至る。

♪その他の絵本を紹介
にじいろのさかな   世界の絵本にじいろのさかな 世界の絵本
(1995/11)
マーカス フィスター

商品詳細を見る

ピートとうさんとティムぼうや (世界の絵本)ピートとうさんとティムぼうや (世界の絵本)
(2006/03)
マーカス フィスター

商品詳細を見る

クリスマスのほし (世界の絵本)クリスマスのほし (世界の絵本)
(1995/11)
マーカス フィスター

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【ミロとしまねずみ】
【こわくないよにじいろのさかな】
【たんじょうびはいつも】


あらすじФ(・♀・=)
お母さんが、うさぎのホッパーを起こしました。
「雪が溶けて、春が来たのよ」
ホッパーは、「わーい!春って子に会ってくるよぉ!」っと
家を勢いよく飛んで行ってしまい
お母さんのその後の言葉など聞いていません。

ホッパーが春を探しに行くと、土の盛り上がっているトンネルの前に行きました。
そこで「誰かいるの?」っと声をかけ土の中にもぐっていきました。
すると…ドスンっと何かにぶつかり
「春君?」って聞いてみました。
「いやいや 僕はモグラだよぉ」どうやら春君ではなかったみたいね。
モグラ君は、春はもっと大きいものだから森の中の大きな穴の方にいってごらん
っと教えてくれました。

そして、ホッパーは森の方に走っていきました。
でも…春君ってホントにいるのかな?

ミヅポンの声(^♀^)/
元気の良いホッパー。お母さんの言う事を最後まで聞かずに出掛けてしまったので、春というものがどんなのか知らずに行ってしまいました。春ってのはね…春ってのはね…。春ってのは…ポカポカで眠くなって、あちらこちらにお花が咲いて…花粉症がひどくて…それから…?!みんなは春ってどんなものを言いますか?季節を説明するのって結構難しいよねぇ。ホッパーのようにみんなの春を探してみてね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/710-8eeeff08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。