スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セシリ・パセリのわらべうた(1922)

セシリ・パセリのわらべうた
セシリ・パセリのわらべうた
(2002/09/21)
なかがわ りえこ、ビアトリクス・ポター 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~(読み聞かせ)
※ピーターラビットシリーズのお話は面白くてチョッピリ辛口トークもありますが、
しつけに関する文も含まれているので対象年齢を4歳としています。
ですが、文字が多くてストーリーが長いのが…難点A(^♀^;)
ちょっと小さいお子さんには向かないかな?
って事で、対象年齢は親御さんが判断くださいね(/ω\)ごめんねぇ~!

著者の紹介☆
画:ビアトリクス・ポター…(1866年~1943年)ロンドンの裕福な家庭に生まれ、体の弱かった彼女は学校には行かず家庭教師から教育を受けました。友達はなく、幼少時代の友達と言えば弟のバートラムと動物達。バートラムと一緒に動物を観察する毎日を送り常に絵を描いていました。1902年初の絵本をノーマン・ウォーンのバックアップで「ピーターラビットのおはなし」が発売されました。毎年2年のペースで切れる事のない作品は、大人から子どもに愛される大人気となりました。今でも彼女の絵本はロングセラーとなっています。彼女がこの絵本に登場する湖水地方に所有地ヒルトップ農場を購入し、47歳1913年に土地の事務弁護士であったウィリアム・ヒーリスと結婚をしソーリー村に住みました。そして年で目が不自由になると牛や羊の飼育に力を入れました。そして死後、絵本の印税で手に入れた4000エーカーの自分の土地を自然保護し国に遺贈されました。

『ミス・ポター』についてもっと知りたい方は、こちらの映画情報から進んでみてねぇヾ(@^▽^@)ノ
『ミス・ポター』にすすめぇ!!!!

訳:なかがわ りえこ


▽22話の絵本登場のお話
一作目の「アプリイ・ダプリイのわらべうた」が好評だった事で、2作目をというファンの声と出版社にせかされたのは、一作目のすぐ後だといいます。「てんじくねずみの詩」は、1893年に近所の人からテンジクネズミを借りて絵を描き始めました。そして1897年にはセシリ・パセリの詩の小冊子ができています。自分の目の衰えがあったので、この2作目を作る事に気持ちは乗る気ではななかったのですが、絵を描きビアトリクス2冊目のわらべうたを誕生させました。この絵本は、ニュージーランドのピーターちゃん(読者の甥で、2歳にして戦争で両親を失い孤児になっていた子ども。)に捧げられています。


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【まちねずみジョニーのおはなし】
【アプリイ・タプリイのわらべうた】
【こぶたのピグリン・ブランドのおはなし】
【キツネどんのおはなし】
【カルアシ・チミーのおはなし】
【のねずみチュウチュウおくさんのおはなし】
【ジンジャーとピグルズやのおはなし】
【フロプシーのこどもたち】
【ひげのサムエルのおはなし】
【アヒルのジマイマのおはなし】
【こねこのトムのおはなし】
【モペットちゃんのおはなし】
【こわいわるいうさぎのおはなし】
【ジェレミーフィッシャーどんのおはなし】
【パイがふたつあったおはなし】
【ティギーおばさんのおはなし】
【リスのナトキンのおはなし】
【ベンジャミンバニーのおはなし】
【2ひきのわるいねずみのおはなし】
【グロースターの仕立て屋】
【ピーターラビットのおはなし】
【ピーターラビットの自然観察】
【ピーターラビットの関連書籍】

『ピーターラビットの絵本』シリーズはこちらにまとめています。
『ピーターラビット』シリーズを見る


あらすじФ(・♀・=)
セシル・パセリ宿屋のおかみさん
エプロンからビールを造る材料を入れ物に入れて
だんな様たちに、美味しいビールをのませるの。
だんな様は、もちろんセシル・パセリにやってきた。

ネコさんおめかししたのに…炉辺に座って灰だらけ。
どうしちゃったのかしら?
そこに「ネコさんご機嫌いかが?」とやってきたのは
犬さん。
二人は、一緒にテーブルに座り、お食事を楽しんでいるよ。


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
詩2冊目の紹介となりますが、目の衰えなど考えられないほどの今までと同じようなステキな作品がいっぱい。短い詩と言うよりもアルバムをみているような感じがするなぁ。1枚の写真にちょっとその思いをコメントにして…のような。色々な登場人物のアルバムを見ているようでステキだったわ。いつも絵本と言えば話がつながっているイメージがあるけれど、不慣れな目には新鮮さがありました。


この記事に対するコメント


v-4 KABAさんへ
こんばんはо(ж>▽<)y ☆手のお怪我は大丈夫ですか?
毎日の家事大変かと思いますが、ここはひとつムリをしないで
早く治して下さいねぇ。

ピーターラビットシリーズ、読んで下さりありがとうございましたぁ♪
そうなんですよねぇ~。
私も「お父さんの肉はパイにされた」ってところにえぇ~~~~~~v-12いいのぉv-406残酷だぁ…。
しかも、サラリと書いちゃってぇ(/ω\)…っと思いました。
長いシリーズの中には、ちょっと厳しい言葉も入っているのです。
でも、隠さずに人間と動物の世界の違いを描いている姿に…
動物から見たら人間は残酷な生き物だと思っている、動物目線が鮮明に描かれていたので、
これは必要なことなんだ…っと思って、読んでいます(;^ω^A
それに、残酷な場面だけではなく、愛らしい一面も沢山あるので
ぜひ機会があれば読んでみて下さいね。

バージニア・リー・バートンさんも自然を愛し、楽しんで絵を描いていたのですねぇ。
ターシャ・テューダさんも自然を愛している代表的な方だし。
似ているかもしれませんねぇ~。頭に浮かぶ有名な作家さんは
み~んなそんな感じだぁ~v-352っと思いました。
ちなみに、私も自然を愛して、描く事を楽しんでいる一人です。
でも、ち~っと頑張りが足りないのかな(;^ω^Aも~っと頑張って
絵本を出版できるようにしないとぉo(^∇^*o)(o*^∇^)o~♪

【2008/03/13 23:25】URL | 【KABAさんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


ピーターラビットシリーズは、「お父さんの肉はパイにされた」のがショックで(笑)それ以来、絵を眺めるにとどまっていました。ミヅボンさんの映画「ミスポター」をはじめ、ピーターラビットシリーズの紹介を見て、改めて、読んでみたくなりました。
「ミスポター」の記事は、「ちいさなおうち」で有名なバージニア・リー・バートンの「せいめいのおはなし」を思い出しました。自然を愛し、描くことを楽しむ作家さんたちの生き方って似ているのかも知れないなーなんて、勝手に想像しました。

【2008/03/13 14:03】URL | KABA   #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/687-ddb10ef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。