スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アプリイ・ダプリイのわらべうた(1917)

アプリイ・ダプリイのわらべうた (ピーターラビットの絵本 22)
アプリイ・ダプリイのわらべうた (ピーターラビットの絵本 22)
(2002/09/21)
Beatrix Potter、なかがわ りえこ 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~(読み聞かせ)
※ピーターラビットシリーズのお話は面白くてチョッピリ辛口トークもありますが、
しつけに関する文も含まれているので対象年齢を4歳としています。
ですが、文字が多くてストーリーが長いのが…難点A(^♀^;)
ちょっと小さいお子さんには向かないかな?
って事で、対象年齢は親御さんが判断くださいね(/ω\)ごめんねぇ~!

著者の紹介☆
画:ビアトリクス・ポター…(1866年~1943年)ロンドンの裕福な家庭に生まれ、体の弱かった彼女は学校には行かず家庭教師から教育を受けました。友達はなく、幼少時代の友達と言えば弟のバートラムと動物達。バートラムと一緒に動物を観察する毎日を送り常に絵を描いていました。1902年初の絵本をノーマン・ウォーンのバックアップで「ピーターラビットのおはなし」が発売されました。毎年2年のペースで切れる事のない作品は、大人から子どもに愛される大人気となりました。今でも彼女の絵本はロングセラーとなっています。彼女がこの絵本に登場する湖水地方に所有地ヒルトップ農場を購入し、47歳1913年に土地の事務弁護士であったウィリアム・ヒーリスと結婚をしソーリー村に住みました。そして年で目が不自由になると牛や羊の飼育に力を入れました。そして死後、絵本の印税で手に入れた4000エーカーの自分の土地を自然保護し国に遺贈されました。

『ミス・ポター』についてもっと知りたい方は、こちらの映画情報から進んでみてねぇヾ(@^▽^@)ノ
『ミス・ポター』にすすめぇ!!!!

訳:なかがわ りえこ


▽20話の絵本登場のお話
ビアトリクスは伝承されたイギリスの詩をずっと愛していました。イギリスの代表的画家ランドルフ・コールデコット/ウォルター・クレーン/ケイト・グルーナウェーも子ども達のために人気の詩を選び絵を描いて出版していました。農業と家畜が忙しい中、出版社の財政困難で新しいお話を作ってほしいと依頼がありました。ビアトリクスの今回のオリジナルは1902年以降ずっと製作が続けられビアトリクスがノーマンと熱く議論をしあった一冊です。クリスマスにむけて作られたものでした。これは伝承の唄と創作の唄を集めたもので、その中の8編にイラストをつけて完成させました。その時代のビアトリクスの絵に込めた思いがあり、枠のついているものから、縁がぼかしてあるものまで色々な技法で描かれています。1916年に彼女の年は50歳になりました。彼女の視力は低下気味で、絵本にする絵を描くのが大変になり始めました。


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【こぶたのピグリン・ブランドのおはなし】
【キツネどんのおはなし】
【カルアシ・チミーのおはなし】
【のねずみチュウチュウおくさんのおはなし】
【ジンジャーとピグルズやのおはなし】
【フロプシーのこどもたち】
【ひげのサムエルのおはなし】
【アヒルのジマイマのおはなし】
【こねこのトムのおはなし】
【モペットちゃんのおはなし】
【こわいわるいうさぎのおはなし】
【ジェレミーフィッシャーどんのおはなし】
【パイがふたつあったおはなし】
【ティギーおばさんのおはなし】
【リスのナトキンのおはなし】
【ベンジャミンバニーのおはなし】
【2ひきのわるいねずみのおはなし】
【グロースターの仕立て屋】
【ピーターラビットのおはなし】
【ピーターラビットの自然観察】
【ピーターラビットの関連書籍】

『ピーターラビットの絵本』シリーズはこちらにまとめています。
『ピーターラビット』シリーズを見る


あらすじФ(・♀・=)
ちっちゃな茶色いねずみのアプリイ・タプリイ
誰かさんのおうちの戸棚にお出かけ。
戸棚からケーキにチーズにビスケットを拝借…
アプリイ・タプリイはパイがと~っても大好きなんです!
ほら、その逃げ足ったらうれしそうだけど、速いこと…

かわいらしいカートンテールの家のドアをたたくのはだ~れ?
ドアを開けてみると、誰もいない
けれど…ドアの下には…おくりものが
ほらまた、ドアをたたく音が…



ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
お話の中の2つを紹介しましたが、この絵本の中には小さな小さなおはなしがいくつも入っています。それは1枚の絵にちょっとした詩をのせて。ネズミだったりウサギだったりハリネズミだったりモグラだったり豚だったりテンジクネズミ(モルモット)だったり…ビアトリクスが長年温めていた作品を楽しんで読んでみてね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/685-17e3f0ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。