スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こぶたのピグリン・ブランドのおはなし(1913)

こぶたのピグリン・ブランドのおはなし (ピーターラビットの絵本 21)
こぶたのピグリン・ブランドのおはなし (ピーターラビットの絵本 21)
(2002/09/21)
Beatrix Potter、まさき るりこ 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:5歳くらいから~(読み聞かせ)
※ピーターラビットシリーズのお話は面白くてチョッピリ辛口トークもありますが、
しつけに関する文も含まれているので対象年齢を5歳としています。
ですが、文字が多くてストーリーが長いのが…難点A(^♀^;)
ちょっと小さいお子さんには向かないかな?
って事で、対象年齢は親御さんが判断くださいね(/ω\)ごめんねぇ~!

著者の紹介☆
画:ビアトリクス・ポター…(1866年~1943年)ロンドンの裕福な家庭に生まれ、体の弱かった彼女は学校には行かず家庭教師から教育を受けました。友達はなく、幼少時代の友達と言えば弟のバートラムと動物達。バートラムと一緒に動物を観察する毎日を送り常に絵を描いていました。1902年初の絵本をノーマン・ウォーンのバックアップで「ピーターラビットのおはなし」が発売されました。毎年2年のペースで切れる事のない作品は、大人から子どもに愛される大人気となりました。今でも彼女の絵本はロングセラーとなっています。彼女がこの絵本に登場する湖水地方に所有地ヒルトップ農場を購入し、47歳1913年に土地の事務弁護士であったウィリアム・ヒーリスと結婚をしソーリー村に住みました。そして年で目が不自由になると牛や羊の飼育に力を入れました。そして死後、絵本の印税で手に入れた4000エーカーの自分の土地を自然保護し国に遺贈されました。


『ミス・ポター』についてもっと知りたい方は、こちらの映画情報から進んでみてねぇヾ(@^▽^@)ノ
『ミス・ポター』にすすめぇ!!!!

訳:いしい ももこ(石井 桃子)…1907年埼玉県に生まれ、日本女子大学英文科を卒業し文芸春秋社に入社。40年間「くまのプーさん」を創刊。創作の「ノンちゃん雲に乗る」を出し、ベストセラーとなる。児童文学者として活躍する中、自宅を子ども達の為に開放し「かつら文庫」を解説。文庫の普及に大きな影響をあたえ「東京子ども図書館」も設立しました。2008年4月2日老衰のため死去。



▽19話の絵本登場のお話
最終的に完成したテキストがハロルドに送られたのが、1913年4月。ビアトリクスがジョン・キャノンのために豚をとりにいったときの出来事をもとに農場での生活が描かれています。この絵本も【きつねどん】と同様にカラーの挿絵が少なく、白黒の線描画を多く入れました。ここに登場する風景はビアトリクスとヒーリスが毎日散歩する道です。このお話は、愛を見つけ遥か遠くを眺め丘を越え二人で手を取り合った子豚が主人公です。最後のハッピーエンドになる様子は、ビアトリクスの心を表現していたのかもしれませんね。そして、忙しいながらも結婚式に間に合うようにこの絵本は完成され、ビアトリクスとウィリアム・ヒーリスは、1913年10月15日に結婚式をあげました。

☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【キツネどんのおはなし】
【カルアシ・チミーのおはなし】
【のねずみチュウチュウおくさんのおはなし】
【ジンジャーとピグルズやのおはなし】
【フロプシーのこどもたち】
【ひげのサムエルのおはなし】
【アヒルのジマイマのおはなし】
【こねこのトムのおはなし】
【モペットちゃんのおはなし】
【こわいわるいうさぎのおはなし】
【ジェレミーフィッシャーどんのおはなし】
【パイがふたつあったおはなし】
【ティギーおばさんのおはなし】
【リスのナトキンのおはなし】
【ベンジャミンバニーのおはなし】
【2ひきのわるいねずみのおはなし】
【グロースターの仕立て屋】
【ピーターラビットのおはなし】
【ピーターラビットの自然観察】
【ピーターラビットの関連書籍】

『ピーターラビットの絵本』シリーズはこちらにまとめています。
『ピーターラビット』シリーズを見る


あらすじФ(・♀・=)
私の家には豚がいました。
そしてその豚のペティットおばさんには、8匹の子豚がいます。
子ども達は、よく食べ元気に走り回っていました。

そして子ども達がたくさんいるものですから、いたずらは日常茶飯事です。

そこで私は提案をしました。
「乳牛を買わなければならないので、おりこうさんは家に置いて他の子豚はよそにやりましょう。」
ペティットおばさんも納得をして、馬車と手押し車で5匹が連れて行かれました。
そして残ったアレクサンダーとピグリン・ブランドは市へやられるので
おしゃれをさせ身支度を整えると
許可証を渡しました。
これは、ランカシャーの市の入場券です、けしてなくしてはなりません。
ピグリンは真剣に聞いているけど、アレクサンダーは聞いているのかいないのか…。
ペティットさんは、なくさないようにと内ポケットにつけてやり、ハッカアメを持たせ見送りだしました。

アレクサンダーは、すぐにアメを食べてしまったり、
許可証をとめてあったピンでピグリンをからかったりしながら歌い進んでいました。

その歌をきいて飛んできたのは、おまわりさん。
「ぶたを盗んだって?君達、許可証は?」と言われ
ピグリンは自分の許可証を…そしてアレクサンダーもモゾモゾしながら許可証を…
「ん?これは許可証じゃないぞ!!」っとアレクサンダーのあげたものは、
さっきの当たりくじ付きのアメの包みでした。

さぁ~大変、許可証のないアレクサンダーは農場に戻されることに…
そしてピグリンは市に行くようにと、二人は離れ離れ……
ピグリンどうする?!……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
たぶん…私もアレクサンダータイプなんだなぁ~これが(^エ^;)大変な目にあってしまいましたね。ピグリンは一人で旅をして市に向かうんでしょうか?それとも、アレクサンダーを思い農場に戻るのかな?運命のわかれみち…どうする?このお話はちょっと…長いですよ。小さいお子さんにはちょっと大変かな?!でも読み聞かせで長いけれど、この先の展開に期待しながら読んでみてね。


この記事に対するコメント


v-4 はなびやさんへ
こんばんは(^ε^)♪
お返事が遅くなってしまい、スミマセンでしたぁv-409
ピーターラビットシリーズは、ホント文字が多くてストーリーも結構ずっしりとあるんですよねぇ。
だから、紹介をしている対象年齢が小さい子すぎるかなぁ~っと、
毎日検討中なんです。((((((ノ゚?゚)ノ困ったぁ~!!
でも…作者が小さな子ども向きに描いているとあるので…
ん~小さな子どもとは、何歳くらいなのかなぁ?っとフシギに思います。
話は、ツボにはまると面白いんですけどねぇΣ(~∀~||;)
その中でも「モペットちゃんのおはなし」は、わかりやすいですよねぇ(^▽^)
息子さんが気に入った気持ちがわかりますぅ。
あっ!思いました?!私も実はこの絵本のオチがそっちに
向かうのねぇ~(;^ω^Aっと思いました。
やっぱり思いますよねぇ~ねっ!( ̄▽ ̄)=3ホッ
そうなんですよぉ~。最後はネタばれなので私も書けないのですが(笑)

【2008/03/10 04:30】URL | 【はなびやさんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


ピーターラビット作品、字も細かいし、長いお話もあるので、6歳の息子も気に入る話とそうでない話に分かれました。うちでは9冊ほど読みました。「モペットちゃんのおはなし」はかなり乗ってきました。
このお話、私的には、オチがあれっそうなるの?という感じでした。
あまり書くとネタばれになってしまうので、書けないのが辛い所です。

【2008/03/08 19:32】URL | はなびや #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/684-20682e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。