スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カルアシ・チミーのおはなし(1911)

カルアシ・チミーのおはなし (ピーターラビットの絵本 18)
カルアシ・チミーのおはなし (ピーターラビットの絵本 18)
(2002/09/21)
ビアトリクス・ポター、Beatrix Potter 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4さいくらい~(読み聞かせ)
※ピーターラビットシリーズのお話は面白くてチョッピリ辛口トークもありますが、
しつけに関する文も含まれているので対象年齢を4歳としています。
ですが、文字が多くてストーリーが長いのが…難点A(^♀^;)
ちょっと小さいお子さんには向かないかな?
って事で、対象年齢は親御さんが判断くださいね(/ω\)ごめんねぇ~!


著者の紹介☆
画:ビアトリクス・ポター…(1866年~1943年)ロンドンの裕福な家庭に生まれ、体の弱かった彼女は学校には行かず家庭教師から教育を受けました。友達はなく、幼少時代の友達と言えば弟のバートラムと動物達。バートラムと一緒に動物を観察する毎日を送り常に絵を描いていました。1902年初の絵本をノーマン・ウォーンのバックアップで「ピーターラビットのおはなし」が発売されました。毎年2年のペースで切れる事のない作品は、大人から子どもに愛される大人気となりました。今でも彼女の絵本はロングセラーとなっています。彼女がこの絵本に登場する湖水地方に所有地ヒルトップ農場を購入し、47歳1913年に土地の事務弁護士であったウィリアム・ヒーリスと結婚をしソーリー村に住みました。そして年で目が不自由になると牛や羊の飼育に力を入れました。そして死後、絵本の印税で手に入れた4000エーカーの自分の土地を自然保護し国に遺贈されました。

『ミス・ポター』についてもっと知りたい方は、こちらの映画情報から進んでみてねぇヾ(@^▽^@)ノ
『ミス・ポター』にすすめぇ!!!!

訳:いしい ももこ(石井 桃子)…1907年埼玉県に生まれ、日本女子大学英文科を卒業し文芸春秋社に入社。40年間「くまのプーさん」を創刊。創作の「ノンちゃん雲に乗る」を出し、ベストセラーとなる。児童文学者として活躍する中、自宅を子ども達の為に開放し「かつら文庫」を解説。文庫の普及に大きな影響をあたえ「東京子ども図書館」も設立しました。2008年4月2日老衰のため死去。


▽17話の絵本登場のお話
1911年の出版。ビアトリクスの絵本は世界中で愛されるようになり、沢山の手紙をもらうようになりました。特にアメリカでは多くの愛読者がいることを知り、一度も会ったことのないアメリカの子どもたちにわかったもらえる、アメリカからイギリスに渡ったとされるハイイロリスやアメリカに生息するシマリスとアメリカクロクマ(ツキノワグマ)を特に選び登場させました。ビアトリクスは、ここで登場する動物を調べるため本を多数読み湖水地方のヒルトップの周りに暮らしている動物を観察しました。そして冬に食べ物がなくなり秋に貯める動物達の習性を知っていた彼女は、その習性をふんだんにお話に取り入れました。彼女は高齢と農場の仕事や両親の世話に忙しく、この年に出したのは一冊だけとなりました。


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【のねずみチュウチュウおくさんのおはなし】
【ジンジャーとピグルズやのおはなし】
【フロプシーのこどもたち】
【ひげのサムエルのおはなし】
【アヒルのジマイマのおはなし】
【こねこのトムのおはなし】
【モペットちゃんのおはなし】
【こわいわるいうさぎのおはなし】
【ジェレミーフィッシャーどんのおはなし】
【パイがふたつあったおはなし】
【ティギーおばさんのおはなし】
【リスのナトキンのおはなし】
【ベンジャミンバニーのおはなし】
【2ひきのわるいねずみのおはなし】
【グロースターの仕立て屋】
【ピーターラビットのおはなし】
【ピーターラビットの自然観察】
【ピーターラビットの関連書籍】

『ピーターラビットの絵本』シリーズはこちらにまとめています。
『ピーターラビット』シリーズを見る


あらすじФ(・♀・=)
この木の上に巣を作っているのが、太ったハイイロリスのカルアシ・チミーです。
そしてその奥さんが、カルアシ・カアチャンと言いました。
チミーは奥さんに「クルミが熟したころだから食べ物をためなくてはならないぞ」と言いました。
そうです。冬ごもりの準備を始めなければなりません。
カアチャンは、葉っぱで出来てた巣の隙間にコケをつめて
これで眠れると安心していたのですが、
欲深いチミーは、食べることで頭がいっぱいの様子で
ふたりはクルミ林にいきました。

クルミ林は他のリスももちろん来ています。
だからチミーは、急いで上着をぬいでクルミを拾い始めました。
それを巣の近くのうろにいっぱいに入れて、うろがたまると
今度は高い木の穴へ袋のクルミを入れました。

ふと、カアチャンが思いました。
「このクルミは、どうやって取り出すの?」
穴は小さくて、太ったチミーに入るのでしょうか?
「大丈夫さ!………」


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
そうそう!冬の森には、食べ物がなくなってしまうから秋に実をたくさん蓄えて冬を越さなくてはならないわね。けれど…チミーさん…本当にこんな小さな穴の中にたくさんの木の実を入れてしまって大丈夫ですか?秋は動物達がみんな同じ事をするから、せっせと集めているチミーにトバッチリがきてしまうことも…じつは、そこでチミー大変なことになっちゃうんです。そしてよその夫婦のちょっとしたお話ものぞけそうですよ。それは、もちろん読んでからのお楽しみですけどねぇ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/682-1d775fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。