スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひなまつりにおひなさまをかざるわけ

ひなまつりにおひなさまをかざるわけ (行事の由来えほん)
ひなまつりにおひなさまをかざるわけ (行事の由来えほん)
岡本 順、瀬尾 七重 他 (2001/01)
教育画劇

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:小学校低学年くらい~(ふりがな付き漢字を含む)

著者の紹介☆
瀬尾 七重(せお ななえ)…東京で生まれ、立教大学文学部を卒業しました。講談社児童文学新人賞佳作、日本児童文芸家協会賞、ひろすけ童話賞などを受賞しています。
岡本 順(おかもと じゅん)…愛知県に生まれ、自身で絵本を描いたり挿絵を手がけています。

♪その他の絵本を紹介

おひさまようちえんのひみつのともだち (絵本・いつでもいっしょ)おひさまようちえんのひみつのともだち (絵本・いつでもいっしょ)
(2005/05)
斉藤 栄美岡本 順

商品詳細を見る

大きな友だちゴリラ (いのちいきいきシリーズ)大きな友だちゴリラ (いのちいきいきシリーズ)
(2006/07)
こやま 峰子岡本 順

商品詳細を見る

だれのしわざ? (旺文社創作童話)だれのしわざ? (旺文社創作童話)
(1997/04)
瀬尾 七重徳田 秀雄

商品詳細を見る

さくらの花でんしゃ (とっておきのどうわ)さくらの花でんしゃ (とっておきのどうわ)
(1998/03)
瀬尾 七重新野 めぐみ

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
昔々、3人の兄弟の一郎次・二郎次・三郎次…
そして年の離れた妹のおはなが住んでいました。
父と母は猟にでかけ事故にあい、子ども達4人で生活をしていました。
上の二人の兄は、妹の面倒など末の弟に任せ、出かけてしまいます。
だから、いつも三郎次はおはなの面倒を見ていました。

やがておはなも大きくなり、
三郎次が畑仕事をしている間、一人で遊べるようになりました。
おはなの遊び相手は、三郎次が作った桃の枝と紐でつくった人形です。

そんなある日、三郎次が畑仕事をしていると
ザップ~ン!!
と、何かが水に落ちた音がしました。
なんと…
おはなが川の中に落ちてしまったのです。

急いでおはなを抱き上げると、家に運びました。
ところが、おはなは高熱を出して寝込んでしまいました。
この熱は、10日もおはなを苦しめます。

とうとう、三郎次も看病の疲れからウトウト眠ってしまうと……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
みなさんは、流し雛の由来をしっていますか?この絵本は、流し雛の由来になっているのです。だから雛人形は出てこないんですけど…兄弟愛ともう一つの愛にジ~~~~~ンとしちゃいました。なんとやさしいヤツなのだぁ~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。っと涙ですよぉ。誰がやさしいってのは、一番下の弟の三郎次と…もう一つのやさしいのって?!まぁ~~~私がお伝えできることは、上の兄2人ではないのです(`×´)まったくぅ~上の兄には、腹を立てちゃいましたよぉ!私の愚痴は置いといて…この絵本を読んで、流し雛の由来にせまってみてくださいねぇ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/678-befd0b73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。