スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジンジャーとピクルズやのおはなし(1909)

「ジンジャーとピクルズや」のおはなし (ピーターラビットの絵本 12)
「ジンジャーとピクルズや」のおはなし (ピーターラビットの絵本 12)
ビアトリクス・ポター、Beatrix Potter 他 (2002/09/21)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~(読み聞かせ)
※ピーターラビットシリーズのお話は面白くてチョッピリ辛口トークもありますが、
しつけに関する文も含まれているので対象年齢を4歳としています。
ですが、文字が多くてストーリーが長いのが…難点A(^♀^;)
ちょっと小さいお子さんには向かないかな?
って事で、対象年齢は親御さんが判断くださいね(/ω\)ごめんねぇ~!

著者の紹介☆
ビアトリクス・ポター(Beatrix Potter)……(1866年~1943年)ロンドンの裕福な家庭に生まれ、体の弱かった彼女は学校には行かず家庭教師から教育を受けました。幼少時代の友達と言えば弟のバートラムと動物達。バートラムと一緒に動物を観察する毎日を送り常に絵を描いていました。1902年初の絵本をノーマン・ウォーンのバックアップで「ピーターラビットのおはなし」が発売されました。毎年2年のペースで切れる事のない作品は、大人から子どもに愛
される大人気絵本となりました。今でも彼女の絵本はロングセラーとなっています。彼女がこの絵本に登場する湖水地方に所有地ヒルトップ農場を購入し、 47歳1913年に土地の事務弁護士であったウィリアム・ヒーリスと結婚をしソーリー村に住みました。そして年で目が不自由になると牛や羊の飼育に力を入れました。そして死後、絵本の印税で手に入れた4000エーカーの自分の土地を自然保護し国に遺贈されました。

『ミス・ポター』についてもっと知りたい方は、こちらの映画情報から進んでみてねぇヾ(@^▽^@)ノ
『ミス・ポター』にすすめぇ!!!!

訳:いしい ももこ(石井 桃子)…1907年埼玉県に生まれ、日本女子大学英文科を卒業し文芸春秋社に入社。40年間「くまのプーさん」を創刊。創作の「ノンちゃん雲に乗る」を出し、ベストセラーとなる。児童文学者として活躍する中、自宅を子ども達の為に開放し「かつら文庫」を解説。文庫の普及に大きな影響をあたえ「東京子ども図書館」も設立しました。2008年4月2日老衰のため死去。

▽15話の絵本登場のお話
このおはなしも「こわいわるいうさぎのおはなし」と同じく、ルーイ・ウォーンのクリスマスプレゼントに贈られました。絵本の中で登場したのは、以前ビアトリクスが絵本にしたキャラクターたちでした。人形のルシンダとジェイン、ピーターラビットの家族、ひげのサムエル、ジェレミーフィッシャーどん、ティギー・ウィンクルおばさん、アヒルのジマイマとたくさんのキャラクターを登場させました。ネコのジンジャーとテリヤ犬のピクルズの店の背景となったのは、ソーリー村のかじ屋ジョン・テイラーさんが経営していた雑貨屋です。ビアトリクスは、ジョン。テイラー氏が寝たきりだったので、お話の中に登場させられないと彼に言いましたが、不平ひとつこぼすことのなかったテイラーさんは、「やまねでもようがすよ」といいました。心から想いを込めてこの絵本を贈っています。すっかり有名になった彼女の絵本は、どこの猫が登場しただの、この場面の家は家だのとやきもちをやいたりもしていました。でも町の人達は、町のどの部分が登場しているかでたいそう喜んだそうです。「フロプシー」に続き10月に出版されました。


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【フロプシーのこどもたち】
【ひげのサムエルのおはなし】
【アヒルのジマイマのおはなし】
【こねこのトムのおはなし】
【モペットちゃんのおはなし】
【こわいわるいうさぎのおはなし】
【ジェレミーフィッシャーどんのおはなし】
【パイがふたつあったおはなし】
【ティギーおばさんのおはなし】
【リスのナトキンのおはなし】
【ベンジャミンバニーのおはなし】
【2ひきのわるいねずみのおはなし】
【グロースターの仕立て屋】
【ピーターラビットのおはなし】
【ピーターラビットの自然観察】
【ピーターラビットの関連書籍】

『ピーターラビットの絵本』シリーズはこちらにまとめています。
『ピーターラビット』シリーズを見る


あらすじФ(・♀・=)
ある村には、お人形達が買い物するのにちょうど良い
小さな雑貨屋がありました。
その名は「ジンジャーとピクルズ屋」です。
もちろん、ルシンダとジェイン(「2ひきのわるいねずみのおはなし」に登場)も買い物にきます。
この店は、品揃えが豊富で、このお店の経営者はジンジャーという黄色い雄ネコとピクルズというテリア種の犬です。
いろいろなお客さんが来るけれど、いえネズミが来たときは
ジンジャーはピクルズに接客を変わります。
どうやら、ネズミを見ていると…ヨダレがでちゃうみたいで。
(猫の習性ってヤツですなぁ~)

この店、良い店でして…
お客さんが商品を買いにきてお金を持っていないと
帳面につけて、ツケにしてくれるんです。
だから、現金は全くたまらないけれど…
帳面には一杯になっていました。

この二人は、売り上げがなくてどのように生活をしているんでしょうね。
はい!二人は、お店のものを食べているんです…

も~っと貧乏になり、お金がなくなると
1月1日に、ピクルズは犬の監察をすることができなくなったので
巡査に会わないかとビクビクしていました。

コレではもう生活ができないと、
帳面を見て皆から払ってもらうことにしました。
ねずみのサムエルは……
ねずみのアナ・マライアは…

少しするとお店の方で物音がしました。それは……


ミヅポンの声(^♀^)/
お客さんにとってはモッテコイの店だけれど、ジンジャーとピクルズは…どうやらお店の経営者には向いていなそうねぇ~。だって自分の商品は食べてしまうし、お金を稼ぐはずが0円だなんて…(^エ^;)さてこの二人のお店はどうなってしまうでしょうね?物音がした先には、ピクルズが恐れているあの人が登場しますよ!ヒヤヒヤしながらこのおはなしの結果を読んでみてね。みんなやっぱりなぁ~っと思うか、それとも…やるじゃん!二人!!と思うか?!


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/674-1523a97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。