スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひげのサムエルのおはなし(1908)

ひげのサムエルのおはなし (ピーターラビットの絵本 14)

ひげのサムエルのおはなし (ピーターラビットの絵本 14)
ビアトリクス・ポター、Beatrix Potter 他 (2002/09/21)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~(読み聞かせ)
※ピーターラビットシリーズのお話は面白くてチョッピリ辛口トークもありますが、
しつけに関する文も含まれているので対象年齢を4歳としています。
ですが、文字が多くてストーリーが長いのが…難点A(^♀^;)
ちょっと小さいお子さんには向かないかな?
って事で、対象年齢は親御さんが判断くださいね(/ω\)ごめんねぇ~!

著者の紹介☆
ビアトリクス・ポター(Beatrix Potter)……(1866年~1943年)ロンドンの裕福な家庭に生まれ、体の弱かった彼女は学校には行かず家庭教師から教育を受けました。幼少時代の友達と言えば弟のバートラムと動物達。バートラムと一緒に動物を観察する毎日を送り常に絵を描いていました。1902年初の絵本をノーマン・ウォーンのバックアップで「ピーターラビットのおはなし」が発売されました。毎年2年のペースで切れる事のない作品は、大人から子どもに愛 される大人気絵本となりました。今でも彼女の絵本はロングセラーとなっています。彼女がこの絵本に登場する湖水地方に所有地ヒルトップ農場を購入し、47歳1913年に土地の事務弁護士であったウィリアム・ヒーリスと結婚をしソーリー村に住みました。そして年で目が不自由になると牛や羊の飼育に力を入れました。そして死後、絵本の印税で手に入れた4000エーカーの自分の土地を自然保護し国に遺贈されました。

『ミス・ポター』についてもっと知りたい方は、こちらの映画情報から進んでみてねぇヾ(@^▽^@)ノ
『ミス・ポター』にすすめぇ!!!!

訳:いしい ももこ(石井 桃子)…1907年埼玉県に生まれ、日本女子大学英文科を卒業し文芸春秋社に入社。40年間「くまのプーさん」を創刊。創作の「ノンちゃん雲に乗る」を出し、ベストセラーとなる。児童文学者として活躍する中、自宅を子ども達の為に開放し「かつら文庫」を解説。文庫の普及に大きな影響をあたえ「東京子ども図書館」も設立しました。2008年4月2日老衰のため死去。

▽13話の絵本登場のお話
1908年10月ごろに出版されましたが、もともとの題名は「ローリーポーリー・プディング(ねこまきだんこ)」でしたが改題され、絵本となりました。このお話は、ヒルトップ農場で家の中をネズミがゆうゆうと歩き回っている姿を見てすぐに出来上がったお話でした。最初は「パイがふたつあったおはなし」同様大きな判型での出版でした。そして1926年に今の大きさとなったわけです。ビアトリクスは、ここでのネズミとの格闘話をミリーに宛てています。「ここの家はホントにステキですが…ねずみには困っております。こんなにねずみが隠れる場所があるとは…」しかし、ビアトリクスはヒルトップの新しい家の隅々を探検し、面白い出来事や気づいた場所をこの絵本の背景として見つけました。この絵本は、古い農家と昔飼っていたペットのねずみに捧げられました。


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【アヒルのジマイマのおはなし】
【こねこのトムのおはなし】
【モペットちゃんのおはなし】
【こわいわるいうさぎのおはなし】
【ジェレミーフィッシャーどんのおはなし】
【パイがふたつあったおはなし】
【ティギーおばさんのおはなし】
【リスのナトキンのおはなし】
【ベンジャミンバニーのおはなし】
【2ひきのわるいねずみのおはなし】
【グロースターの仕立て屋】
【ピーターラビットのおはなし】
【ピーターラビットの自然観察】
【ピーターラビットの関連書籍】

『ピーターラビットの絵本』シリーズはこちらにまとめています。
『ピーターラビット』シリーズを見る


あらすじФ(・♀・=)
今回の主役は、タビタトウィチャットさんのいたずらっこな
子どものトムのこりごり大事件です。

いつもトムのお母さん、タビタさんは心配事が耐えませんでした。
その原因は、いつもの3人の子どもたちです。
今日もパンを焼く為に、3匹がいたずらしないようにと押し入れに入れておくと
二人のモペットとミトンは見つかりましたが、トムが居ません!!

さてどこに?

この家は不思議な家で、
あちらこちらに隠れるところはたくさんあります。
しかも、壁の厚さが1メートルもあるところの裏には秘密の階段があり、
そこに食べ物がちょくちょく消えてしまうという
フシギな出来事がありました。

タビタ奥さんは、心配でニャ~ニャ~なきだしました。
トムを探せば、二人の子猫はすぐさまいたずらを始めるしまつ…。
タビタの従姉妹のリビーおばさんもやってきて一緒にトムを探してくれました。

タビタとリビーが子猫のところに戻ると
モペットが言いました。
「年をとった女ねずみ(アナ・マライア)が練り粉を盗んで行ったわ!」
ミトンも言いました。
「大きな男ネズミ(ひげのサムエル)が、めん棒とバターを盗んで行った!」
これはこれは、トムの身に何もなければいいのですが…

ミヅポンの声(^♀^)/
このお話は、線描画と水彩画でページ数もちょっと多めになっています。このお話はちょっと怖いぞっとするお話です。私がこんな事になってしまったら…と思うと、身震いしちゃうよぉ。いたずらっ子なトム、これに懲りていい子になるかな…無理かA(^♀^;)さてさて、ネズミの夫婦ヒゲのサムエル旦那とアナ・マライアは、初登場なのに怖い二人だねぇ。これでもっと私はネズミが苦手になるでしょうなぁ~~~~~。


この記事に対するコメント


v-4 らぴ~♪さんへ
こんばんはヽ(*^ω^)人(^ω^*)ノ♪♪
いえいえ(^^)私も楽しませてもらいましたぁ~!
ち~ちゃんは「どんな絵が好きかな~?」なんて
想像しながら描いたので、気に入ってもらえてホントうれしいです。
ち~ちゃんファン倶楽部のミヅポンとしては、次の誕生日も
おめでとうを言える様に頑張って絵の練習をしておかないとぉ
о(ж>▽<)y ☆

そうなんですよぉ~!ピーターラビットシリーズ&彼女の生き方に
そうとうハマッてしまったようです(/ω\)
ただ、大人はかなり楽しめるけど…ホント子どもの読める文字量なのか?!と疑問に思ってしまいます。
子どもの手に取れる大きさで、ビーターラビットシリーズは小さいものになっているのに…
どうして、お話が長いのでしょうねぇФ(・♀・=)??
もう少し、ち~ちゃんが大きくなったら一緒に楽しんでみてね♪
あっ!お店でお風呂セット見たことがありますよぉ。
とってもかわいいですよね(^^)~☆

>石井桃子さんも先日101歳になられましたよね
ホントですかぁ!元気でなによりですねぇ~~~~。
感動です!もっともっと元気で長生きしてくださいませv-424

ぜひぜひ、TBお待ちしておりま~す(^ε^)♪

【2008/02/26 22:54】URL | 【らぴ~♪さんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]

ありがとう


ミヅポンさん、こんにちは。
先日は色々とコメントなどありがとう。
訪問がすっかり遅くなってしまいましたが。。。
わーピーターラビットの特集ですね。
ミヅポンさんがどんなにポター氏やピーターラビットが大好きだかすごくよく伝わってきますよ。
我が家にもお風呂グッズがピーターラビットです。
娘にも馴染みがあります。
でもまだお話にはついて来れないみたいで
結局借りても私が一人で楽しむだけ・・・になってしまいます。
石井桃子さんも先日101歳になられましたよね。
すばらしいですね。
これからも楽しみに見させてもらいますよ~~。
あ、そうそう。あとでTBさせてねー(^o^)丿

【2008/02/26 10:50】URL | らぴ~♪ #4kczMfbM[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/672-4c5f7e98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。