スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あひるのジマイマのおはなし(1908)

あひるのジマイマのおはなし (ピーターラビットの絵本 11)
あひるのジマイマのおはなし (ピーターラビットの絵本 11)
ビアトリクス・ポター、Beatrix Potter 他 (2002/09/21)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~
※ピーターラビットシリーズのお話は面白くてチョッピリ辛口トークもありますが、
しつけに関する文も含まれているので対象年齢を4歳としています。
ですが、文字が多くてストーリーが長いのが…難点A(^♀^;)
ちょっと小さいお子さんには向かないかな?
って事で、対象年齢は親御さんが判断くださいね(/ω\)ごめんねぇ~!

著者の紹介☆
ビアトリクス・ポター(Beatrix Potter)……(1866年~1943年)ロンドンの裕福な家庭に生まれ、体の弱かった彼女は学校には行かず家庭教師から教育を受けました。幼少時代の友達と言えば弟のバートラムと動物達。バートラムと一緒に動物を観察する毎日を送り常に絵を描いていました。1902年初の絵本をノーマン・ウォーンのバックアップで「ピーターラビットのおはなし」が発売されました。毎年2年のペースで切れる事のない作品は、大人から子どもに愛される大人気絵本となりました。今でも彼女の絵本はロングセラーとなっています。彼女がこの絵本に登場する湖水地方に所有地ヒルトップ農場を購入し、47歳1913年に土地の事務弁護士であったウィリアム・ヒーリスと結婚をしソーリー村に住みました。そして年で目が不自由になると牛や羊の飼育に力を入れました。そして死後、絵本の印税で手に入れた4000エーカーの自分の土地を自然保護し国に遺贈されました。

『ミス・ポター』についてもっと知りたい方は、こちらの映画情報から進んでみてねぇヾ(@^▽^@)ノ
『ミス・ポター』にすすめぇ!!!!

訳:いしい ももこ(石井 桃子)…1907年埼玉県に生まれ、日本女子大学英文科を卒業し文芸春秋社に入社。40年間「くまのプーさん」を創刊。創作の「ノンちゃん雲に乗る」を出し、ベストセラーとなる。児童文学者として活躍する中、自宅を子ども達の為に開放し「かつら文庫」を解説。文庫の普及に大きな影響をあたえ「東京子ども図書館」も設立しました。2008年4月2日老衰のため死去。

▽12話の絵本登場のお話
1908年の夏に出版されました。ジマイマは農場にいた一匹のアヒルです。卵をどこで生もうかと常に農場を歩き回っていたので、このおはなしが思いついたそうです。また、この絵本の隅々に至るまでビアトリクスがどんなに農場を愛していたのかが描き込まれています。その風景や湖は今でも変わらず守られています。この絵本はヒルトップ農場をまかされていたジョン・キャノンの子ども達、ラルフとベッツィに「ラルフとベッツィーの農場物語」として贈られています。勇敢にもジマイマを助け出す頭の良い犬ケップは、ビアトリクスが一番かわいがっていたコリー犬のケップです。ジマイマもヒルトップにいたアヒルがモデルとなって います。ジマイマは、自己中でありながらうっかりもので愛さずにはいられない愛嬌の持ち主だったようですよ。


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【こねこのトムのおはなし】
【モペットちゃんのおはなし】
【こわいわるいうさぎのおはなし】
【ジェレミーフィッシャーどんのおはなし】
【パイがふたつあったおはなし】
【ティギーおばさんのおはなし】
【リスのナトキンのおはなし】
【ベンジャミンバニーのおはなし】
【2ひきのわるいねずみのおはなし】
【グロースターの仕立て屋】
【ピーターラビットのおはなし】
【ピーターラビットの自然観察】
【ピーターラビットの関連書籍】

『ピーターラビットの絵本』シリーズはこちらにまとめています。
『ピーターラビット』シリーズを見る



あらすじФ(・♀・=)
ジマイマダック。この方はアヒルの奥さんです。
ジマイマは、これまでに家の女主人に不満がありました。
それは、卵を抱かせてくれないからです。

ジマイマの姉レベッカは、自分の卵を他の者にかえしてもらっても平気。
けれど、私は卵をかえす自身があるんです。

その日からジマイマは自分の卵をあちらこちらに隠し始めました。
けれど…結果はうまくいかず。
いつも発見されてしまいます。

更に、ジマイマの心は卵をかえしたいと強く思いました。
よそ行きのショールと帽子をかぶって丘の頂上までの道を歩き出しました。

「あの森なら静かでいいかもしれないわ」と
ジマイマは、丘の頂上からめったに飛ばない体で飛び降りました。
なんとかうまく着地してみると…

切り株にしゃれた服を着た紳士…
キツネが腰掛けて新聞を読んでいました。

「道に迷いましたか?」
と、やさしく声をかけた紳士(キツネ)に
ジマイマは、「卵をゆっくり産める場所を探しているの」といいました。

すると、このやさしい紳士(キツネ)
とっても良い場所を提供してくれたのです…
気を良くしたジマイマ、
その紳士(キツネ)についていっちゃいました……(大丈夫?!)


ミヅポンの声(^♀^)/
アヒルも鶏も卵を産むとすぐに人に取り上げられてしまうから、ジマイマのその気持はわかる気がします。そこに付け込んできたのが、なんだか…かなり気の良い(ワルそうな)キツネさんです。大丈夫かなぁ~?そんなに気を許してしまって。卵を産むには、とっても良い場所だけど…そんな優しい人にはついていってはならない決まりなんですよ!ジマイマさん!!さぁ~たまごもジマイマさんもキツネに食べられないようにヒヤヒヤしながら読んでくださいね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/671-735f36f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。