スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モペットちゃんのおはなし

モペットちゃんのおはなし (ピーターラビットの絵本 5)
モペットちゃんのおはなし (ピーターラビットの絵本 5)
ビアトリクス・ポター、Beatrix Potter 他 (2002/09/21)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~
※ピーターラビットシリーズのお話は面白くてチョッピリ辛口トークもありますが、
しつけに関する文も含まれているので対象年齢を主に4歳としています。
(この絵本は、3歳としています)
ですが、文字が多くてストーリーが長いのが…難点A(^♀^;)
ちょっと小さいお子さんには向かないかな?
って事で、対象年齢は親御さんが判断くださいね(/ω\)ごめんねぇ~!
著者の紹介☆
ビアトリクス・ポター(Beatrix Potter)……(1866年~1943年)ロンドンの裕福な家庭に生まれ、体の弱かった彼女は学校には行かず家庭教師から教育を受けました。幼少時代の友達と言えば弟のバートラムと動物達。バートラムと一緒に動物を観察する毎日を送り常に絵を描いていました。1902年初の絵本をノーマン・ウォーンのバックアップで「ピーターラビットのおはなし」が発売されました。毎年2年のペースで切れる事のない作品は、大人から子どもに愛される大人気絵本となりました。今でも彼女の絵本はロングセラーとなっています。彼女がこの絵本に登場する湖水地方に所有地ヒルトップ農場を購入し、47歳1913年に土地の事務弁護士であったウィリアム・ヒーリスと結婚をしソーリー村に住みました。そして年で目が不自由になると牛や羊の飼育に力を入れました。そして死後、絵本の印税で手に入れた4000エーカーの自分の土地を自然保護し国に遺贈されました。

『ミス・ポター』についてもっと知りたい方は、こちらの映画情報から進んでみてねぇヾ(@^▽^@)ノ
『ミス・ポター』にすすめぇ!!!!

訳:いしい ももこ(石井 桃子)…1907年埼玉県に生まれ、日本女子大学英文科を卒業し文芸春秋社に入社。40年間「くまのプーさん」を創刊。創作の「ノンちゃん雲に乗る」を出し、ベストセラーとなる。児童文学者として活躍する中、自宅を子ども達の為に開放し「かつら文庫」を解説。文庫の普及に大きな影響をあたえ「東京子ども図書館」も設立しました。2008年4月2日老衰のため死去。

▽10話の絵本登場のお話
【ねこのモペット】【とてもわるいうさぎ】のおはなしをルーイ・ウォーンに贈ると、幼い子のためにもう1冊のこのお話をパノラマ絵本として考えました。こちらも「とてもわるいうさぎ」同様パノラマ絵本が扱いにくいことで再出版となりましたが…。モペットちゃんは、ウィンダミアから連れてきた石工の一人から仔猫を借りて絵 のモデルにしました。すごくいたずらっ子でじ~っとしていない元気の良い猫です。猫の習性である猫がネズミを捕まえるシーンでは子どもの事を考え言葉を付け加えるなどの配慮がありました。ビアトリクスはルーイの妹ネリーに3冊目の絵本「ずるがしこいねこ」を描きましたが、パノラマ絵本が不評との事で出版まではいきませんでした。


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【こわいわるいうさぎのおはなし】
【ジェレミーフィッシャーどんのおはなし】
【パイがふたつあったおはなし】
【ティギーおばさんのおはなし】
【リスのナトキンのおはなし】
【ベンジャミンバニーのおはなし】
【2ひきのわるいねずみのおはなし】
【グロースターの仕立て屋】
【ピーターラビットのおはなし】
【ピーターラビットの自然観察】
【ピーターラビットの関連書籍】

『ピーターラビットの絵本』シリーズはこちらにまとめています。
『ピーターラビット』シリーズを見る


あらすじФ(・♀・=)
グレーの毛に黒のシマシマが入ったピンクのリボンを付けているネコ
名前は、モペットちゃんです。

そして戸棚の後ろから顔を出しているのが、ネズミ。
子猫なんて怖くないぞ!と
強気でモペットちゃんをからかっています。

モペットちゃんは、すぐにねずみを捕まえようと追いかけました。
でも、戸棚に頭をコッツンコ!
ねずみは、上からその様子を眺めています。

今度は、モペットちゃん…ちょっと考えて
頭を小さな布で隠して暖炉の前で座りました。
モペットちゃん、気分が悪くなったように…
じ~~~っと座ったまんま。

ねずみは気になり、少しずつモペットちゃんに近づくと
……

ミヅポンの声(^♀^)/
モペットちゃんがねずみを遊ぶのか、ねずみがモペットちゃんを遊んでいるのか…。でもどうやら、小さなねずみの方が一枚上手のようですよ。モペットちゃんが布で顔を隠して待ち伏せしています。「し~ん」と言う音とともに次のページをめくると、ねずみがジリジリ近寄って、また次のページをめくったとたん…きゃ~~~~~って事なんですけど、モペットちゃんとねずみの追いかけっこハラハラドキドキして読み進めてみてね。


この記事に対するコメント


v-4 はなびやさんへ
こんばんはv(^♀^)v
そうなんですよねぇ~。このシリーズは文章が長いんです。
でも…お話の構成が良いので、読み聞かせって事で対象年齢を低くしていますが、
じつは…大人向けの絵本なのでは?と思ってしまいます。(迷い気味)
一度好きになると、かなりハマってしまうのもこのシリーズの良さなんですがね。
そうだぁ!!トムとジェリーに似ている感じですねぇ~(^^)
何かに似てるなぁ~~~と思っていたのですが、スッキリですv-218
ありがとうございます。
全巻読んで、とっても良かったので紹介してみました♪
小分けにしちゃうと、なかなか紹介できないので
ココはドッサリ紹介しちゃいます(笑)
コレだけのシリーズをずっと描いた、ビアトリクスさんに感動ですね。

【2008/02/24 02:58】URL | 【はなびやさんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


このお話はおもしろかったです。ピーターラビットものの中では文章の量も適度に短くて。
あまり長いものだと、6歳のうちの息子では反応がわるくなってしまうこともあったのですが、この本は受けがよかったです。
トムとジェリー的なところもあって楽しめました。
それでもこんなにたくさんのピーター・ラビットものを紹介されているのってすごいですね。

【2008/02/23 07:28】URL | はなびや #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/669-54997ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。