スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こわいわるいうさぎのおはなし(1906)

こわいわるいうさぎのおはなし (ピーターラビットの絵本 6)
こわいわるいうさぎのおはなし (ピーターラビットの絵本 6)
ビアトリクス・ポター、Beatrix Potter 他 (2002/09/21)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~
※ピーターラビットシリーズのお話は面白くてチョッピリ辛口トークもありますが、
しつけに関する文も含まれているので対象年齢を主に4歳としています。
(こちらの絵本は、3歳としています)
ですが、文字が多くてストーリーが長いのが…難点A(^♀^;)
ちょっと小さいお子さんには向かないかな?
って事で、対象年齢は親御さんが判断くださいね(/ω\)ごめんねぇ~!

著者の紹介☆
ビアトリクス・ポター(Beatrix Potter)……(1866年~1943年)ロンドンの裕福な家庭に生まれ、体の弱かった彼女は学校には行かず家庭教師から教育を受けました。幼少時代の友達と言えば弟のバートラムと動物達。バートラムと一緒に動物を観察する毎日を送り常に絵を描いていました。1902年初の絵本をノーマン・ウォーンのバックアップで「ピーターラビットのおはなし」が発売されました。毎年2年のペースで切れる事のない作品は、大人から子どもに愛される大人気絵本となりました。今でも彼女の絵本はロングセラーとなっています。彼女がこの絵本に登場する湖水地方に所有地ヒルトップ農場を購入し、47歳1913年に土地の事務弁護士であったウィリアム・ヒーリスと結婚をしソーリー村に住みました。そして年で目が不自由になると牛や羊の飼育に力を入れました。そして死後、絵本の印税で手に入れた4000エーカーの自分の土地を自然保護し国に遺贈されました。

『ミス・ポター』についてもっと知りたい方は、こちらの映画情報から進んでみてねぇヾ(@^▽^@)ノ
『ミス・ポター』にすすめぇ!!!!

訳:いしい ももこ(石井 桃子)…1907年埼玉県に生まれ、日本女子大学英文科を卒業し文芸春秋社に入社。40年間「くまのプーさん」を創刊。創作の「ノンちゃん雲に乗る」を出し、ベストセラーとなる。児童文学者として活躍する中、自宅を子ども達の為に開放し「かつら文庫」を解説。文庫の普及に大きな影響をあたえ「東京子ども図書館」も設立しました。2008年4月2日老衰のため死去。

▽9話の絵本登場のお話
この頃、彼女は農場に専念し始め、絵本が一番とはいかなくなりました。しかし、ピーターラビットシリーズは世界中の読者に定着していたので、幼い子のために「ねこのモペット」と共にこのおはなしを作りました。1906年にパノラマ絵本として登場しましたが、扱いにくいことから1916年ピーターラ ビットシリーズ同様の本として再出版しました。ルーイ・ウォーンが「ピーターラビットは本当に良い子です。でも、本当に悪い子のお話が読んでみたいわ」っと言ったのがきっかけで、この絵本が誕生しました。最初の話は、ルーイのクリスマスプレゼントとなりました。

☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【ジェレミーフィッシャーどんのおはなし】
【パイがふたつあったおはなし】
【ティギーおばさんのおはなし】
【リスのナトキンのおはなし】
【ベンジャミンバニーのおはなし】
【2ひきのわるいねずみのおはなし】
【グロースターの仕立て屋】
【ピーターラビットのおはなし】
【ピーターラビットの自然観察】
【ピーターラビットの関連書籍】

『ピーターラビットの絵本』シリーズはこちらにまとめています。
『ピーターラビット』シリーズを見る


あらすじФ(・♀・=)
ピョンピョン
勇ましく飛び跳ねているのが
怖い悪いウサギ×

みてみてぇ~~~~!
荒々しいヒゲ、そして爪の伸び、シッポだって上を向いていかにも悪そう。

そして、イスの上でお行儀よく人参を食べているのが
良いウサギ◎
見るからに、かわいらしいでしょ。

良いウサギのところに悪いウサギがやってきて、
良いウサギの人参が欲しくなりました。
悪いウサギ…
「ください!」
な~んて言うわけがありません。
良いウサギから、美味しそうなにんじんを
横取り!!!

しかも、人参だけを奪うだけでなく…


ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本は、とっても短いお話だけど…その中で、とっても簡単に良い子、悪い子がわかっちゃう絵本ですよ。しかも、悪い子にはお決まりのお仕置きがあって (ちょっと恐ろしい)こんな姿になっちゃった。「みんなも気をつけてねっ」と終わります。最初の悪いウサギの様子からは、とっても悪い子だなんて思わなかったのになぁ~。悪い子がいる時には、この絵本を見せてね。ピーターラビットの中の絵本でも、文字が少ないです。だからきっと読みやすくて素直に気持が伝わると思いますよん。


この記事に対するコメント


v-4 なずなさんへ
こんばんは(^▽^*)
私も、ついピーターラビットの世界にドップリとハマッテしまい
全館そろえてしまいましたぁ。
↑頼み込んで、クリスマスプレゼント?!(;´▽`Aあはは
しかも、ケースに入っている絵本シリーズだったので
ケースを汚しては…と、最初から入っている段ボウルの中に。
だから、なずなさんよりも出すのに大変そうですよぉ~私v-356
ぜひぜひ、思い出して下さったと言う事で、
また全部読み返してみてくださいねぇ~~~~o(^∇^*o)(o*^∇^)o~♪
流石!!次男君です!
「だって、わるいんだもん」その一言で間違いないのです!
その素直な気持ちが、と~~ってもステキですv-413

【2008/02/22 23:07】URL | 【なずなさんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


ミヅポンさん、こんにちは!
その昔独身時代にピーターラビットの絵本はセット買いしました。
でも、いつでも読める安心感があると、逆に読まない…反省。
ミヅポンさんの紹介を読むうち、
「宝の持ち腐れにならないようにしないと!」と思いました。

「こわいわるいうさぎのはなし」は短いので、読んで、と
持ってきても私もいいよいいよ~っていう感じで読めます。
次男は前半ですっかりいいうさぎに肩入れしているので、
この結末は納得、なのだそう。
「だって、わるいんだもん」ですって。

【2008/02/22 15:34】URL | なずな #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/668-9996b7b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。