スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジェレミー・フィッシャーどんのおはなし(1906)

ジェレミー・フィッシャーどんのおはなし (ピーターラビットの絵本 17)
ジェレミー・フィッシャーどんのおはなし (ピーターラビットの絵本 17)
ビアトリクス・ポター、Beatrix Potter 他 (2002/09/21)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~
※ピーターラビットシリーズのお話は面白くてチョッピリ辛口トークもありますが、
しつけに関する文も含まれているので対象年齢を4歳としています。
ですが、文字が多くてストーリーが長いのが…難点A(^♀^;)
ちょっと小さいお子さんには向かないかな?
って事で、対象年齢は親御さんが判断くださいね(/ω\)ごめんねぇ~!


著者の紹介☆
画:ビアトリクス・ポター…(1866年~1943年)ロンドンの裕福な家庭に生まれ、体の弱かった彼女は学校には行かず家庭教師から教育を受けました。友達はなく、幼少時代の友達と言えば弟のバートラムと動物達。バートラムと一緒に動物を観察する毎日を送り常に絵を描いていました。1902年初の絵本をノーマン・ウォーンのバックアップで「ピーターラビットのおはなし」が発売されました。毎年2年のペースで切れる事のない作品は、大人から子どもに愛される大人気となりました。今でも彼女の絵本はロングセラーとなっています。彼女がこの絵本に登場する湖水地方に所有地ヒルトップ農場を購入し、47歳1913年に土地の事務弁護士であったウィリアム・ヒーリスと結婚をしソーリー村に住みました。そして年で目が不自由になると牛や羊の飼育に力を入れました。そして死後、絵本の印税で手に入れた4000エーカーの自分の土地を自然保護し国に遺贈されました。

『ミス・ポター』についてもっと知りたい方は、こちらの映画情報から進んでみてねぇヾ(@^▽^@)ノ
『ミス・ポター』にすすめぇ!!!!

訳:いしい ももこ(石井 桃子)…1907年埼玉県に生まれ、日本女子大学英文科を卒業し文芸春秋社に入社。40年間「くまのプーさん」を創刊。創作の「ノンちゃん雲に乗る」を出し、ベストセラーとなる。児童文学者として活躍する中、自宅を子ども達の為に開放し「かつら文庫」を解説。文庫の普及に大きな影響をあたえ「東京子ども図書館」も設立しました。2008年4月2日老衰のため死去。


▽8話の絵本登場のお話
ノーマンが亡くなり、初めてハロルド・ウォーンが担当でこの絵本が1906年出版されました。出版が1906年になりましたが、この話はずいぶん前からビアトリクスの中であたためていた作品です。ビアトリクスが1893年エリック・ムーアに宛てた手紙で「ジェレミー・フィッシャーどん」と言うカエルの絵入り物語を送りました。1902年にはウォーンと1度話しましたが出版にはならなかったようです。カエルの作品は、出版者アーネスト・ニスター社に売り込んだものの答えは「カエルの絵は、子ども達に受けない」と言われ、送った10枚のうち9枚が雑誌のお話の合本で使われました。「滑稽な唄とお話の新しいお店に来る、滑稽なお客さん」という子どもの本の中に挿絵で入れていました。紳士の休日では、魚釣りのとき紳士の身だしなみに気を使い、更には釣りの後の友人を招くことも登場させています。そこでも、正装で晩餐会にのぞんでいる時代が描かれています。また、彼女が湖水地方の風景が彼女の孤独を慰め、ビアトリクスの最も美しい絵が何枚も入っています。

☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【パイがふたつあったおはなし】
【ティギーおばさんのおはなし】
【リスのナトキンのおはなし】
【ベンジャミンバニーのおはなし】
【2ひきのわるいねずみのおはなし】
【グロースターの仕立て屋】
【ピーターラビットのおはなし】
【ピーターラビットの自然観察】
【ピーターラビットの関連書籍】

『ピーターラビットの絵本』シリーズはこちらにまとめています。
『ピーターラビット』シリーズを見る


あらすじФ(・♀・=)
池のきんぽうげの花に囲まれた湿った家に住んでいる、
ジェレミー・フィッシャーどんのおはなしです。
フィッシャーどんは、どの部屋も水でビショビショな暮らしをしていました。

ある日、窓をあけてみると 外は雨が落ちていました。
フィッシャーどんは、晩御飯に魚を取って
県会議長のカメハメハ・カメ氏とイモリのアイザック・ニュートン卿をお呼びしようと
土からミミズを取り
雨カッパを着て、ゴム靴をはいて、釣竿にビクを持ち
自分のボートにやってきました。
ボートと言っても、睡蓮の葉に似ているまあるいものです。

フィッシャーどんはアシの茎を竿にして、広いところにでました。
そして魚釣りを始めると…

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
あんなにおしゃれな服を着ているジェレミー・フィッシャーどんなのに、カエルだから濡れるのが好きなんだよねぇ(^エ^;)なんだかフシギです。紳士のたしなみがあり、趣味の釣りを終えるとちょっとしたパーティーをするなんて、昔の人は大変だぁ~と思いました。けれど、フィッシャーどん…釣りに行って大変な事になるんですよ。命カラガラといったころでしょうか?さてどんなことがあるのかは、読んでからのお楽しみ!大きな魚をとって夜のパーティできるかな?!


この記事に対するコメント


v-4 はなびやさんへ
こんばんは(=^♀^=)ノホントその通りなんですよぉ~!
ただ、関係のないだけならまだしも…
アダルトサイトの宣伝だったりするので困っているんです。
FC2さんの方で、アダルト禁止のセキュリティーを上げてくれるといいのですがね。
20日にコメントくださったのに、削除してしまいすみません。
分けて削除したつもりが、ごっそり消してしまって…
再度コメント下さりお手数お掛けしました(;´▽`A

はなびやさんも、この絵本を読んだのですねぇ~。
「ピーターラビットの手紙」とは、まだ未読なので図書館で探してみま~す♪
どんな手紙が入っているのか、楽しみぃ~(^^)
しかし、ジェレミーフィッシャーどんのオヨメサンかぁ~~~~~。
私は、丁重にお断りしますねぇv-395
お部屋は水浸しで困っちゃいますよねぇv-535
おっ!高畠さんの講演会に行かれたのですね。
後ほど遊びに伺いま~す。
教えて下さってありがとうございましたぁ♪♪

【2008/02/21 21:53】URL | 【はなびやさんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


こんばんは。確かに、内容とは関係ないコメントやTBはお返事に困りますね。
この絵本について、再度コメントさせてもらいますね。私もこの作品読みました。「ピーターラビットの手紙」?だったかな?キャラクターたちの手紙が公開されている本に、ジェレミー・フィッシャーどんにお嫁さんをとあり笑ってしまいました。
それから、最近高畠純さんの講演会に行ってきましたよ。とても楽しいお話が聞けました。
私のブログで紹介していますので、よろしければ絵本作りの参考になさってください。

【2008/02/21 19:21】URL | はなびや #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/666-a4840165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。