スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


りすのナトキンのおはなし(1903年)

りすのナトキンのおはなし
りすのナトキンのおはなし
ビアトリクス・ポター、Beatrix Potter 他 (2002/09/21)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~
※ピーターラビットシリーズのお話は面白くてチョッピリ辛口トークもありますが、
しつけに関する文も含まれているので対象年齢を4歳としています。
ですが、文字が多くてストーリーが長いのが…難点A(^♀^;)
ちょっと小さいお子さんには向かないかな?
って事で、対象年齢は親御さんが判断くださいね(/ω\)ごめんねぇ~!

著者の紹介☆
画:ビアトリクス・ポター…(1866年~1943年)ロンドンの裕福な家庭に生まれ、体の弱かった彼女は学校には行かず家庭教師から教育を受けました。友達はなく、幼少時代の友達と言えば弟のバートラムと動物達。バートラムと一緒に動物を観察する毎日を送り常に絵を描いていました。1902年初の絵本をノーマン・ウォーンのバックアップで「ピーターラビットのおはなし」が発売されました。毎年2年のペースで切れる事のない作品は、大人から子どもに愛される大人気となりました。今でも彼女の絵本はロングセラーとなっています。彼女がこの絵本に登場する湖水地方に所有地ヒルトップ農場を購入し、47歳1913年に土地の事務弁護士であったウィリアム・ヒーリスと結婚をしソーリー村に住みました。そして年で目が不自由になると牛や羊の飼育に力を入れました。そして死後、絵本の印税で手に入れた4000エーカーの自分の土地を自然保護し国に遺贈されました。

『ミス・ポター』についてもっと知りたい方は、こちらの映画情報から進んでみてねぇヾ(@^▽^@)ノ
『ミス・ポター』にすすめぇ!!!!

訳:いしい ももこ(石井 桃子)…1907年埼玉県に生まれ、日本女子大学英文科を卒業し文芸春秋社に入社。40年間「くまのプーさん」を創刊。創作の「ノンちゃん雲に乗る」を出し、ベストセラーとなる。児童文学者として活躍する中、自宅を子ども達の為に開放し「かつら文庫」を解説。文庫の普及に大きな影響をあたえ「東京子ども図書館」も設立しました。2008年4月2日老衰のため死去。

▽5話の絵本登場のお話
このおはなしが登場したのは、ポターが家庭教師をしていた娘8歳のノーラ・ムーアの手紙に描いたものでした。ポターの家族は、毎年湖畔に出かけていました。湖水地方ダーウェント湖畔のリングホルム邸に滞在し、その時リスを見つけました。それがこの絵本に登場するリスです。ノーラにあてた手紙には、「ご婦人がシマの木の実が熟すと川を渡ってリスたちがやってくると話してくれました。でもどうやってやってくるのでしょう?」とありました。ノーラの手紙で登場したご婦人は、老フクロウとなって1903年この絵本に登場しました。


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【ベンジャミンバニーのおはなし】
【2ひきのわるいねずみのおはなし】
【グロースターの仕立て屋】
【ピーターラビットのおはなし】
【ピーターラビットの自然観察】
【ピーターラビットの関連書籍】

『ピーターラビットの絵本』シリーズはこちらにまとめています。
『ピーターラビット』シリーズを見る

あらすじФ(・♀・=)
あかりすのナトキンのおはなしです。
このナトキンは、とってもいたずらっこの生意気なリスでした。
ナトキンは、たくさんの兄弟やいとこと森で生活をしていました。

秋になると森の木の実は熟しだしました。
ナトキンたちは森を出て湖の淵に下りて、小枝でいかだを作りフクロウ島まで木の実を取りにでかけました。

木の実がたくさんある森には、年を取ったブラウンじいさんが住んでいます。
リスたちはおみやげを渡しました。
そして木の実を取ることを許してもらうのです。
ところが、ナトキンは…ぴょんっと跳ねてなぞを一つ言いました。
ブラウン爺さんはだんまりと眠りました。

そして次の朝もリスたちは川を渡り、フクロウシマに付くと……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
このおはなしは、ちょっと怖かったです。ナトキンは生意気でフクロウのブラウン爺さんの前で失礼なことばかりをやっています。そのうち雷が落ちるのでは?と常にビクビクしながら絵本を読み進めていました。ほ~~ら…やっぱりね(;^ω^Aこわいバチがあたって、いたずらっこのナトキンは大変なものを取られてしまいました。いたずらっ子で言うことを聞かない子は、この絵本を読んでちょっと自分に反省してみてね。そしたらナトキンのようなことにはならないでしょう(^▽^*)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/663-c246f781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。