スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


えんどう豆の上にねむったお姫さま

The Princess and the Pea (North-South Paperbacks)
The Princess and the Pea (North-South Paperbacks)
Hans Christian Andersen (1995/05)
North South Books

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

↑こちらは海外版です。
えんどう豆の上にねむったお姫さま えんどう豆の上にねむったお姫さま
ハンス・クリスチャン・アンデルセン、ドロテー・ドウェンツェ 他 (1985/01)
太平社
この商品の詳細を見る



対象年齢:5歳くらいから~(文が長いのとふりがな付き漢字を含みます)

著者の紹介☆
作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen)…1805年デンマークのオーデンセに生まれ、旅を愛し生涯独身で過ごしました。イタリヤ旅行で「即興詩人」で作家として認められ、数多くの伝説の感動する童話を世界の人々に伝えました。アンデルセンのお話は、大人から子どもまでいつまでも幅広く愛されています。
画:ドロテー・ドウェンツェ…1960年フランスに生まれ、ランすの芸術学校、ストラスブールのデザイン学校で学びました。1981年ボローニャ国際絵本展のエルバ賞を受賞し、独自の美しい世界で好奇心と創造性をかきたてすにはおかない作品を数多く書いてきました。
訳:ウィルムヘルム・きくえ…上智大学外国語学部を卒業し、西ドイツテュービンゲン大学で学びました。哲学者の夫と共に幅広く日独文化事業に携わっています。

♪その他の絵本を紹介
火打ち箱 (こんなアンデルセン知ってた?) 火打ち箱 (こんなアンデルセン知ってた?)
H.C.アンデルセン、赤木 かん子 他 (2006/09)
フェリシモ
この商品の詳細を見る

はだかの王さま (大型絵本) はだかの王さま (大型絵本)
バージニア・リー バートン、ハンス・クリスチャン アンデルセン 他 (2004/09)
岩波書店
この商品の詳細を見る

雪の女王 雪の女王
バーナデット ワッツ、ハンス・クリスチャン アンデルセン 他 (1999/11)
西村書店
この商品の詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【すずの兵隊さん】
【おおきなおとしもの】
【人魚姫】
【おやゆびひめ】
【はだかのおうさま】

あらすじФ(・♀・=)
昔々のお話、一人の王子様がおりました。
王子様は、お妃を迎えたいと思っていましたが
かなり高い条件がありました。
それは、お姫様らしいお姫様…

そこで、とびっきりのお姫様を探すために
世界の国々をあちらこちらに探し回りました。
けれど、あっちを探してもこっちを探しても
王子様の御めがねにかなった、お姫様はあらわれませんでした。
(お姫様らしいお姫様とはどんな方なのでしょうね?)

稲妻が光り雨が滝のように流れた、ひどい嵐の夜のことでした。
ドンドン ドンドンドンっと
お城の扉を叩く音が聞こえてきました。
扉を開けると、一人のお姫様がひっそりたたずんでいました。
急いでお姫様を中に入れました。
お姫様の姿は、全身びしょ濡れで髪の毛からも洋服からも水は滴り落ち
靴の中には水が入り、歩くとあふれ出てくるほどでした。
それなのに…
お姫様は「私が、本物のお姫様にございます」と言いました。

その言葉を聞いてもこの姿では納得するものなど一人もいやしませんでした。
そこで、年老いたお妃は召使と共に寝室に向かうと
ベッドに20枚の敷布団を敷き、えんどう豆を一粒のせると
さらに、豆の上に羽根布団を20枚かぶせました。

お姫様はその分厚い布団の上にはしごを使って登ると
一夜を山のように高いベッドで眠りました。

次の日……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
「本物のお姫様です!」なんて言われると、裾がこ~~~~んなに広がったドレスに胸元にはキラキラした飾りが…耳にもキラキラとそして肌の色は抜けるような白…「美しい!」=がお姫様って感じですけど、このお姫様…ホントと言いながらもずぶ濡れで、肌の色は白いけど…ねぇ~~~(汗)っと誰も信じられないような見ためをしていました。お妃様がどうしてあんなに山のように高い布団の上でお姫様を寝かせたのでしょうね?しかも…えんどう豆?まず、豆の意味も不明だよね。コレがわかる人は、ホントのお姫様かもしれませんよ。ぜひ、布団を20枚+掛け布団を20枚の間に豆を挟んで眠ってみてください。何かわかるかも(^エ^;)ウチはダメだぁ~布団がなかった。姫ではございませぬぅ~~~~ |////|д・)ジ~ィ…


この記事に対するコメント


v-4 はなびやさんへ
おはようございますぅ(^▽^*)
ホントですかぁ~!
私は、アンデルセンにこんな話があったとは…っと言った感じで
図書館から借りてきました。
お姫様になるためには、こんな繊細なお体をしてないとダメなのね(^^;
私には120%ムリです。地震でも気づかない鈍感な体なので。

ありがとうございますぅ(ノ´▽`)ノ
誕生日は、うれしいけど…
年をとりたくない&言えない年になってしまいましたぁv-406

【2008/02/11 06:04】URL | 【はなびやさんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


この作品、小学生の時に読みました。作者がアンデルセンだったことに気付いたのはつい最近でした。子供の頃は、本物のお姫様ってすごいなと思いましたよ。
お誕生日おめでとうございました。

【2008/02/10 08:13】URL | はなびや #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/654-624a0dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。