スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まめをそだてよう!

カストールのたのしいまいにち まめをそだてよう!
カストールのたのしいまいにち まめをそだてよう!
ラーシュ クリンティング (2000/04)
偕成社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ラーシュ・クリンティング…1948年スウェーデンに生まれ、大工として働いた後、絵本作家となりました。自然や科学をテーマとした絵本を手がけています。絵本の仕事の合間には日曜大工をしたり縫い物や料理に園芸と多彩な才能の持ち主です。ちなみにパートナーも絵本作家のレーナ・アンデションです。
訳:とやま まり(外山 真理)…1953年青森県に生まれ、スウェーデンで母国語教師をしながら移民政策を学ぶ。訳書も数冊あります。

♪その他の絵本を紹介
たんじょうびにはケーキをやこう! たんじょうびにはケーキをやこう!
ラーシュ クリンティング (1999/09)
偕成社
この商品の詳細を見る

あたらしいエプロンできた! あたらしいエプロンできた!
ラーシュ クリンティング (1999/09)
偕成社
この商品の詳細を見る

カストールのたのしいまいにち だいくしごとをしようっと! (カストールのたのしいまいにち) カストールのたのしいまいにち だいくしごとをしようっと! (カストールのたのしいまいにち)
ラーシュ クリンティング (1999/10)
偕成社
この商品の詳細を見る

ふたりでペタペタペンキぬり ふたりでペタペタペンキぬり
ラーシュ クリンティング (2000/06)
偕成社
この商品の詳細を見る

なんでもしゅうりいたします―カストールのたのしいまいにち なんでもしゅうりいたします―カストールのたのしいまいにち
ラーシュ クリンティング (2000/11)
偕成社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)

あらら、窓に飾ってあったお花はカラカラになって枯れちゃった。
ビーバーのカストールは、新しいお花が欲しいな~っと思いました。

コロコロ コロコロ
ん?っと床を見たら豆の粒が転がってきました。
どうやら買い物に出掛けていたフリッぺが帰ってきて
豆の袋を落としてしまったみたい。

「そうだ!!豆を育てよう!」
カストールは、豆の粒を水につけて休みました。
これは、豆が早く育つための方法だそうです。

次の日、庭師のサムソンじいさんのところで園芸用品を借りると
おじいさんの栽培ノートにある、豆の育て方をじっくり見て
豆を植えましょう!!
まず、用意するものは………

ミヅポンの声(^♀^)/
我が家でも毎年、小さな庭でトマトとなすと豆を植えたりしますが、豆はグングン伸びてしまって大変!でも豆からたくさんの豆が取れるんだからすごいよなぁ~~~~。自然の力ってすごいよなぁ~と、感心してしまいます。植物を育てて観察するのは楽しいものですよ。ぜひこの絵本を読んで、家族で豆を育ててみてね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/650-7fe8fe6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。