スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こうえんで…4つのお話

こうえんで…4つのお話
こうえんで…4つのお話
アンソニー ブラウン (2001/06)
評論社

この商品の詳細を見る

著者の紹介☆

アンソニー。ブラウン…最もすぐれた絵本作家の一人で世界中に認められている。20冊以上の絵本を生み出し、国際アンデルセン賞やケイト・グリーナウェイ賞など多数の名誉賞を受賞しています。彼の作品は子供のおそれや不安に深い理解を示すものとして知られています。


あらすじФ(・♀・=)

最初の婦人の話
…ビクトリア(ラブラドール)と息子のチャールズと一緒に公園に行きました。ビクトリアを公園で離すとケダモノのような犬が追いかけまわし捕まる事がありません。そしてチャールズもどこかに行ってしまいました。なんてことなんでしょう……1時間も探すとチャールズは………。



二人目の男の話
…娘のスマッジと犬を連れて公園に行きました。ベンチに座って求人らんを読んでも無駄だってことはわかってる。さてかえるか…スマッジは帰り道ペチャクチャしゃべって楽しそうに元気付けてくれた……。



三人目の男の子の話
…公園に行くと元気いっぱいの犬がビクトリアと楽しく遊んでいる。うらやましいな。女の子が話しかけてきた。一緒に滑り台をしたり、鉄棒をしたり木登りをしたり…でもママに見つかって帰る事になったんだ………。



最後の女の子の話
…パパが落ち込んでいたからアルバートつれて公園にいったの。アルバートはきれいな犬と仲良くなったの。そしたら飼い主がメチャクチャ怒ったわ。あたしね男の子に話しかけて仲良くなったわ。それから犬と男の子とあそんだの…。



ミヅポンの声(=^♀^=)/

この絵本はとてもすばらしい!!!!この4つの話は同じ公園に来ていた4人の公園での出来事を描いたものです。1回目読んでみて私はさっぱりわかりませんでした。何がおもしろいの?何で顔がゴリラで手が人間???は???って思いました。…でも2回目に読んだら…あら???ちょっとこの話は最初の婦人の息子が…で犬がこの飼い主の犬で…この女の子が…でっ全てが結ばれてスッキリ!!そして3回目に読んでオイオイなんでこんな所にこんな人がいるのかと笑い。4度目で4人の心が季節や背景として描かれているo(^♀^=o)(o=^エ^)oすごい!すごい!!ぜひ読んで☆このブログでは伝えられないです。ごめんなさい


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/65-c5c169c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★★★こうえんで・・・4つのお話    (おはなし)

こうえんで…4つのお話さく:アンソニー・ブラウン やく:久山太市 / 評論社 / 2001年《こうえんで・・・4つのお話 の内容紹介》以前、『ウィリーの絵』でご紹介しました、アンソニー・ブラウンさんの作品をご紹介します。この方の作品は、読め... Enjoy! 読み聞かせ@えほん【2007/03/05 14:06】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。