スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おせちのおしょうがつ

おせちのおしょうがつ (ワンダーおはなし絵本)
おせちのおしょうがつ (ワンダーおはなし絵本)
ねぎし れいこ (2007/11)
世界文化社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
作:ねぎし れいこ…埼玉県に生まれ、公共図書館の児童室に勤務し、絵本の読み聞かせなどをおこなううち書き手となり、保育絵本を中心に活躍されています。

絵:吉田 朋子…愛知県に生まれ、イラストレーター、造形作家。企画デザインセンターに勤務後フリーとなる。イラストの他手芸やお菓子など多彩な分野で活躍中。

あらすじФ(・♀・=)
おせち料理がみんなで鏡餅の家に遊びに行くころになりました。
お重箱の車に乗って(タイヤはレンコンです)
ゴットン ゴットン進む。
運転手は、数の子さんです。

そこに「こんにちは~!」とあらわれたのは
喜ぶのコブ巻きさんと
腰の曲がった海老さん。
さぁ~さぁ~車に乗ってみんなで行きましょう。

き~~~~~んっと飛んできたのはキントン…栗きんとんです。
ごまめたちまでやってきた。
あっちの丘からキンピラさん
こっちの丘から伊達巻さん。
車はギュウギュウですねぇ~。

でもそこに、おっとおっとのおとそさんが
中身をチャッポンとさせてゆっくりやってきた。
けれど、「おとそはおせち料理じゃないからダメぇ~!」
っと言ったのは?………

(* ̄Oノ ̄*)御節の中身の由来ってしっている?

海老(えび)…腰が曲がっているでしょ。それを老人に例えて腰が曲がるほど長生きできるって願いが込められているんです。

数の子(かずのこ)…卵がた~~~くさん詰まっているでしょ。それは子孫繁栄の願いなのです。

金団(キントン)…漢字から想像つくかな?金団=黄金の団子。宝物って意味で、豊かな暮らしができるようにぃ~です。キラキラしていて綺麗だよね。

きんぴらごぼう…坂田金時(金太郎)の子である坂田金平に重ね合わせて強くたくましく立派なものを意味しています。

黒豆…黒には魔よけ効果があり、豆に働き健康に過ごせますようにって願いを込めて。

伊達巻…伊達巻って卵をたっぷり使うんです。伊達は伊達政宗からきているようです。政宗は派手好きだったので=華やかで人目につくって意味と卵は子孫繁栄の意味が込められています。

昆布巻き…喜ぶ=よろこぶ=こぶ おめでたい意味があるのね。

ごまめ(イワシの稚魚)…良い米がとれますようにぃ~と豊作を祈願しています。
別名:田作りとも言うそうで。

紅白かまぼこ…祝儀用としてめでたい色ですからね。元は神饌の赤米、白米を模した物だったようです。

お多福豆 …文字の通り福が多い!これは入れないとダメでしょぉ♪

まぁ~その土地で入れるものがことなるので、調べてみてねぇ(^^)





ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
ちょっとお正月には遅くなってしまった感じですが、やっと図書館から借りてこれたので、1月なのでOKかしら?ってことで紹介しま~~~~す。にぎやかなお重箱ですねぇ~。みんなで仲良く鏡餅さんの家に行くことができるのかしら…でもミヅポンは知っているのです。事件があるのですよぉ~!それは、おとそさんに言った人物なのです。誰でしょうねぇ~?それは読んでからのお楽しみ。この絵本は布で出来ていて可愛らしい絵本ですよぉぜひ読んでみてね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/633-fcdb723f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。