スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


十二支のはじまり

十二支のはじまり (おひさまのほん)
十二支のはじまり (おひさまのほん)
荒井 良二、やまち かずひろ 他 (2006/11)
小学館

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
文:ぶんやまち かずひろ…「もものすけのおさんぽ」で第2回小学館おひさま大賞を受賞。「トマトマト」で第12回MOE童話大賞を受賞しました。
絵:荒井良二…小学館児童文化賞、ボローニャ国際児童図書展特別賞、講談社出版文化賞絵本賞、児童文学界のノーベル賞と称されるアスリッドリングレーン記念文化賞など数々の賞をとり日本を代表する絵本作家です。

♪その他の絵本を紹介
5歳のお気に入り絵本集 おひさまのほん (おひさまのほん) 5歳のお気に入り絵本集 おひさまのほん (おひさまのほん)
荒井 良二 (2003/06/11)
小学館
この商品の詳細を見る

もものすけのおさんぽ (おひさまのほん) もものすけのおさんぽ (おひさまのほん)
荒井 良二、やまち かずひろ 他 (2001/02)
小学館
この商品の詳細を見る

たいようオルガン たいようオルガン
荒井 良二 (2007/05)
アートン
この商品の詳細を見る

そのつもり そのつもり
荒井 良二 (1997/12)
講談社
この商品の詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【魔女からの手紙】


あらすじФ(・♀・=)
12月のある日、神様は考えました。
お正月にみんなが遊びに来るにはどうしたらいいかな?
神様は顔を洗って良い考えがひらめいたようです!

来年1月1日にご馳走大会を開くよ。
早く来たものに、ごほうびをあげよう!

動物達は、やる気マンマンです。
でも、うっかりしている猫は…いつやるんだっけ?とネズミに言いました。
ネズミは、2日と言ったよと言いました。
(ん?ネズミ君…きみ…もしかして嘘ついたのか?!)

ネズミは、負けたくなかったので12月31日に外の丘で眠りました。
夜中に揺れて目を覚ますと…
そこは、牛の背中の上でした。
空が明るくなったころ、神様の家に着くと…
ネズミは牛の背中からヒョイっと降りました。

一等賞はネズミくん
2等賞は、牛くん
っと神様は言いました。
えぇ~~~~~~~~~!ネズミくん一番なのぉ?!
まぁ~決まってしまったものは仕方がない…
さて、3番は誰かな?

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
このおはなしは、干支のお話で知っている人も多いし絵本に何冊もなっていますよねぇ。でも荒井良二さんの絵は面白いですぞ。かわいいんだなぁ~これが。以前TVで荒井さんが出ていました。その中で、子どもに鉛筆書きでグルグル描いたものにたいして「下書き消したほうがいいよ!」と指摘されたみたいです。でもその言葉を聞いた荒井さんはニンマリだったそうで、そこに彼の良さがあるんだなぁ~と…とってもステキな方でしたよ。ってことで、今年は荒井さんの作品を沢山読んでみたいと思っていま~す。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/615-53e7a1ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。