スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


グロースターの仕立て屋

グロースターの仕たて屋 (ピーターラビットの絵本 15)
グロースターの仕たて屋 (ピーターラビットの絵本 15)
ビアトリクス・ポター、Beatrix Potter 他 (2002/09/21)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから
※ピーターラビットシリーズのお話は面白くてチョッピリ辛口トークもありますが、
しつけに関する文も含まれているので対象年齢を4歳としています。
ですが、文字が多くてストーリーが長いのが…難点A(^♀^;)
ちょっと小さいお子さんには向かないかな?
って事で、対象年齢は親御さんが判断くださいね(/ω\)ごめんねぇ~!


著者の紹介☆
文/画:ビアトリクス・ポター…(1866年~1943年)ロンドンの裕福な家庭に生まれ、体の弱かった彼女は学校には行かず家庭教師から教育を受けました。友達はなく、幼少時代の友達と言えば弟のバートラムと動物達。バートラムと一緒に動物を観察する毎日を送り常に絵を描いていました。1902年初の絵本をノーマン・ウォーンのバックアップで「ピーターラビットのおはなし」が発売されました。毎年2年のペースで切れる事のない作品は、大人から子どもに愛される大人気となりました。今でも彼女の絵本はロングセラーとなっています。彼女がこの絵本に登場する湖水地方に所有地ヒルトップ農場を購入し、47歳1913年に土地の事務弁護士であったウィリアム・ヒーリスと結婚をしソーリー村に住みました。そして年で目が不自由になると牛や羊の飼育に力を入れました。そして死後、絵本の印税で手に入れた4000エーカーの自分の土地を自然保護し国に遺贈されました。

訳:いしい ももこ(石井 桃子)…1907年埼玉県に生まれ、日本女子大学英文科を卒業し文芸春秋社に入社。40年間「くまのプーさん」を創刊。創作の「ノンちゃん雲に乗る」を出し、ベストセラーとなる。児童文学者として活躍する中、自宅を子ども達の為に開放し「かつら文庫」を解説。文庫の普及に大きな影響をあたえ「東京子ども図書館」も設立しました。2008年4月2日老衰のため死去。


▽3話の絵本誕生のお話
このおはなしの誕生には、グロースターに住む従兄弟のキャロライン・ハットンの実話が元となりました。「グロースターのある仕立て屋が裁断し手付かずだったチョッキを土曜日の仕事場に置いて帰りました。そして夜明けの月曜日に戻ってみると…チョッキは縫いあがっていて、だた一つ残っていたのはボタン穴そこには「穴糸が足りぬ」と書かれた紙がありました」実話では、このおはなしの流れで仕立て屋の弟子2人がやったことになっています。ポターは人物をかわいいネズミに変えて登場させました。またそればかりか、動物がお話できるようにとクリスマスイヴの日を設定しファンタジーあふれるかわいらしい作品に仕上げました。そしてこの作品を、病気だったノーラ・ムーアのきょうだいフリーダ・ムーアにおくり、自費出版で500部を刷り1902年12月に出版。
この朱の上着のモデルは、サウス・ケントン博物館の18世紀の服で、暖炉はメルフォード・ホールの暖炉を描き、ネズミは休暇で両親と出かけた先で買い求めたものでした。このすばらしい出来は、彼女が一番気に入っている作品となりました。ここで一つ事件がありました。それは、彼女が注意深くつけた絵の黒い囲みでした。これを印刷屋が全部とってしまったから、彼女の悲しみは深かったようです。しかし、ウォーン社にとって彼女は大切な人物になっていた為、枠の線が原画どおりもどされたそうです。


♪その他の絵本を紹介
こぶたのピグリン・ブランドのおはなし (ピーターラビットの絵本 21) こぶたのピグリン・ブランドのおはなし (ピーターラビットの絵本 21)
Beatrix Potter、まさき るりこ 他 (2002/09/21)
福音館書店
この商品の詳細を見る

2ひきのわるいねずみのおはなし (ピーターラビットの絵本 7) 2ひきのわるいねずみのおはなし (ピーターラビットの絵本 7)
ビアトリクス・ポター、Beatrix Potter 他 (2002/09/21)
福音館書店
この商品の詳細を見る

こねこのトムのおはなし (ピーターラビットの絵本 4) こねこのトムのおはなし (ピーターラビットの絵本 4)
ビアトリクス・ポター、Beatrix Potter 他 (2002/09/21)
福音館書店
この商品の詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【ピーターラビットの自然観察】
【ピーターラビットの関連書籍】
【ピーターラビットのおはなし】
【ピーターラビットの絵本シリーズ】
【ミス・ポター】

あらすじФ(・♀・=)
人々がまだきらびやかな装いをしていた頃、
スロースターの町に年寄りがやっている仕立て屋がありました。

仕立て屋は、働き詰めに高価なドレスを作り上げていました。
こんなにきれいなものを扱っているのに、
仕立て屋はとっても貧しい身なりと生活を送っています。

クリスマス前、1枚のグロースター市長の服を作り始めました。
余すところなく生地を裁ち、服に必要なものを次々とそろえた…
ただ紅色の穴糸をのぞいては。

仕立て屋が鍵をかけて店をでた。
夜に店で眠るのは、鍵など使わない
穴から穴へ自由自在のねずみだけ。

仕立て屋が一緒に住んでいるのは、猫のシンプキン
仕立て屋が家に帰ると、くたくたになりながら
シンプキンに4ペンス銀貨を渡した。

これで3ペンスは食料品を、残りの1ペンスで紅色の穴糸を買うようにと頼んだ。
シンプキンは、銀貨を持ち街へと出て行き、
仕立て屋は暖炉の前で服の事を考えながら眠ってしまった。

すると…カタコト、カタコト、カタコト…なにやら音が……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
クリスマスにぴったりの可愛らしいお話ですよ。今年はピーターラビットにハマッて…と言いますか、ビアトリクスポターに興味をしめし沢山の書籍を読みました。そして彼女の生き方を学び、絵本の誕生までのお話を知りました。ってことでクリスマスイヴを明日にひかえてこの作品にしてみました。ぜひぜひ読んでみてくださいね。一冊好きになったら、きっとシリーズ24作品全てを読みたくなっちゃうだろうなぁ。さてさて、明日はクリスマスイヴ!!みんなはどんなクリスマスを過ごすの?私は明日はケーキ作ったり、チキンを焼いたり(^▽^*)楽しみだぁ♪


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/607-267b2f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。