スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やまあらしぼうやのクリスマス

やまあらしぼうやのクリスマス
やまあらしぼうやのクリスマス
ジョセフ・スレイト、フェリシア・ボンド 他 (1996/11)
グランまま社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ジョセフ・スレイト(Joseph Slate)…ウェスト・バージニア州に生まれ、ワシントン大学とエール芸術学校を共に卒業。1973年全米優秀教育者賞をもらいました。
絵:フェリシア・ボンド(Felicia Bond)…日本に生まれ、ニューヨークで育つ。子どもの本の創作を手がけたり、挿絵画家として活躍中。
訳:みやち としこ(宮地 敏子)…多数の絵本の翻訳を手がけています。

♪その他の絵本を紹介
(フェリシア・ボンド)
もしもねずみをえいがにつれていくと もしもねずみをえいがにつれていくと
フェリシア ボンド、ローラ・ジョフィ ニューメロフ 他 (2000/10)
岩崎書店
この商品の詳細を見る

もしもこぶたにホットケーキをあげると もしもこぶたにホットケーキをあげると
フェリシア ボンド、ローラ ジョフィ・ニューメロフ 他 (1999/09)
岩崎書店
この商品の詳細を見る

おおきなあかいなや おおきなあかいなや
フェリシア ボンド、マーガレット・ワイズ ブラウン 他 (2001/09)
偕成社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
もうすぐクリスマスです。
動物の子ども達は、クリスマスの劇をする事を楽しみにしていました。
ヤマアラシ坊やもその一人。
「お母さん僕ねぇ~とっても劇にでたいんだ」と抱きつくと
一生懸命やってごらんと応援してくれました。
でも…ヤマアラシ坊やには、とげがツンとしたたてがみ…僕かっこわるい…
お母さんは坊やを抱きしめて言いました。
「とげとげはピカピカひかっているし、目は輝いている。母さんの光よ」と優しくいいました。

けれど、学校の皆はヤマアラシ坊やが劇に出る事を喜んではいませんでした。
それどころか、坊やの格好を笑ったりバカにしたり…
掃除係なら出来るわ…と誰かが言うと
坊やは、自分の姿を言われて悲しくなり劇に出たい気持もわかってもらえず
泣きながら家に飛んで帰りました。

ところがお母さんは「坊やは母さんの心の光。一番素敵な掃除係になれますよ」とやさしく抱きしめてくれました。
ヤマアラシ坊やは………。

ミヅポンの声(^♀^)/
人間のいじめでもこういった所から心を痛めたりしますが、この絵本を読んでいて私は涙が出てしまいました。最初は悲しい泣きで→読み終わる時には一番素敵な坊やだと良かった泣きですよぉ!去年この絵本を読みたくて1年我慢して待ったかいがありましたぁ。この絵本はぜひみなさんに読んでもらいたい1冊です。このヤマアラシ坊やは、彼でなければ出来ない事を成し遂げました。それはまさに「お母さんの心の光」です。さ~ってこの先は、この絵本を読んでみてね。そして、今よりもも~っとやさしい気持になってください。


この記事に対するコメント


v-4 はなびやさんへ
はじめまして(^▽^*)遊びに来てくださってありがとうございます。
この絵本、と~~~ってもジ~ンとしちゃう絵本なので
とてもオススメですよぉ!ぜひ、読んでみてくださいねぇ。

ガブリエル・バンサンさんの作品は、とってもシンプルであるけど気持ちがグッと伝わる絵本ですよね。
私のブログでは、まだ数冊しか紹介していないのですが…
これから色々紹介できればと思っています。

またお時間のある時には、お立ち寄りくださいませ♪♪

【2007/12/25 12:47】URL | 【はなびやさんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


初めまして。はなびやと申します。心温まるクリスマス絵本という感じですね。メモさせていただきました。
紹介していらっしゃる他の本も、家にある本、読んだことのある本、これから読みたい本などがたくさんありました。
ガブリエル・バンサンが好きなので、ぜひ読んでみたいなと思います。

【2007/12/24 13:17】URL | はなびや #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/606-4c248d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。