スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぼく、うまれるよ!

こちらの絵本画像がありませんでしたぁ(;´▽`A
ごめんなさいm(・♀・)m
楽天さんのこちらのURLに飛ぶと見れますので、参考までに載せておきます。
「ぼく、うまれるよ!」に飛ぶ

対象年齢:小学校高学年くらいから~(けっこう難しい言葉が含まれているんです)
読み聞かせ:4歳くらいから~

著者の紹介☆
駒形 克己…紙そのものの色や質感を生かし、特殊な紙を使い多種多様な方法と想像力でこの絵本を作っています。

♪過去に紹介した著者の本
【グリーントゥーグリーン】
【イエロートゥーレッド】
【ブルートゥーブルー】


あらすじФ(・♀・=)
お母さんのお腹に、た~くさんの星が広がったよ。
そのお星さまは、1つだけ違う世界に入る事ができるんです。

別世界に入った星は、大切に揺られ2つになった。
さらに揺られて4つになった。

おや?!小さな小さな命の誕生です。
ゆっくり大きくなり、やがて体がマンマルになってきたね。

お母さんのお腹はとっても温かくて居心地がいい。
お母さんの声だって、やさしく聞こえるよ!

お母さんに声をかけると
どんどん体が押されてきたぞ!
どこに行くの………

ミヅポンの声(^♀^)/
駒形さんがこの絵本を作ったきっかけは、ご自分の愛娘が4歳になった時だそうです。娘さんは、お母さんのお腹の中にいた時の事を話してくれました。私なんてそんなのぜ~~~~~んぜん覚えていません。そんな未知の世界からこの話が生まれるなんて、神秘的だわぁ~!なかなか子どもにどこから生まれて来たの?と言われると答えられないと言う声を聞いた事があるので、この絵本なんてどうかしら?ただ、お母さんと子ども用に言葉がわかれていて、大きい文字は子ども用で補足で書いてある事がお母さん用なのかなぁ~なんて思います。この絵本は紙質にこだわっているのと、娘さんのお話を聞いてお腹の中の色を再現しているそうです。もしかしたら、みなさんのお子さんも…「そ~言えばママのお腹の色こんなだったよ!そんでね…」なんてお話してくれるかも知れませんよ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/575-402534e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。