スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もりのなか

もりのなか
もりのなか
マリー・ホール・エッツ、まさき るりこ 他 (1963/12)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:2歳くらいから~
著者の紹介☆
作:マリー・ホール・エッツ(Marie Hall Ets)…1895年アメリカのウィスコンシン州で生まれ、動物たちに囲まれた生活を送っていました。幼少時代より絵を描き小学校1年で大人の美術コースで勉強するほどの腕でした。第一次世界大戦から子どもの福祉の仕事に携わっていましたが、体調を壊し絵本の世界に入りました。「9つねたら、クリスマス」でアメリカ最高の賞(コールデコット賞)を受賞しました。
訳:まさき るりこ

♪その他の絵本を紹介
きこえる きこえる きこえる きこえる
マリー・ホール・エッツ (2007/05/18)
ブッキング
この商品の詳細を見る

また もりへ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) また もりへ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
マリー・ホール エッツ (1969/03)
福音館書店
この商品の詳細を見る

ペニーさん ペニーさん
マリー・ホール エッツ (1997/07)
徳間書店
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
紙の帽子にラッパを持って森に散歩に行きました。
すると僕の目の前には大きなライオンがねむっています。
プッ~っとラッパを吹くと、ライオンは目を覚まし
「髪をとかして一緒についていってもいい?」
ライオンは、僕の散歩についてきた。

また歩いていくと、2匹のゾウが水浴び中
僕とライオンに気づくと「ちょっとまってぇ」と
急いで服をきてついてきた。

僕の散歩には、ライオンとゾウが2匹

更に進むと……木の下でピーナッツの数を数えたり食べたりしている……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本、ず~~~~~~~っと昔に読んだことがあったのですが、それはブログをやるずいぶん前の事で、やっとブログでこの絵本が紹介できるのでうれしいわ(^▽^*)この絵本、中は表紙の絵と同じで白黒なんです。でも、なんだか楽しくなってきて色が出てきちゃう気がします。みんなはこの絵本は、どんな色で見えているのかな?さて、僕の散歩ですが、一人で散歩をしていたのにどんどん森の仲間が増えていきます。どこまで増えてしまうのかなぁ~?一人の散歩も楽しいけど、やっぱりお友達が居る方がもっと楽しいよねぇ。沢山増えたお友達と色々なことをして遊ぶよ。森の中の話だけど…フシギの森に行ってしまったような世界観!ページを開いてフシギの森に入ってみてねぇ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/555-9999d4c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。