スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2つの展示を見た

今日は、鎌倉の鎌倉文学館で行われている
ともだちってなんだろう
中川ひろたかと「ともだち」展に行ってきました(*^ー^)ノ
2007.9.19.jpg


ところが江ノ島から鎌倉に抜けるところで大渋滞…

2007.9.19-5.jpg

やっとこ着いて、車を止めて歩くと

2007.9.19-3.jpg

文学館の入り口には、中川ひろたかさんと市居みかさんの絵本に登場する
ぶたのブルトンが迎えてくれました。
【こぶたのブルトン】(ブログで紹介をしました。)

2007.9.19-2.jpg

そして千と千尋に登場するような、トンネルを抜けると…

2007.9.19-4.jpg

見えてきました。鎌倉文学館!!
歴史ある建物で重圧感たっぷりって感じ

さぁ~中に入ってみましょうヾ(@^▽^@)ノ
中川さんの言葉は、「うんうんわかるよぉ~その気持ち!」と
うなづいてしまうような感じで親しみやすいですよね。
ここの展示物は、中川さんと組んで絵を描いた作家さんの作品と共に
友達についてを考えるものでした。
このブログでも何度も中川さんの作品は紹介させて頂いているのですが
ブログで紹介した絵本があると、と~~ってもうれしい気分になるね。

入館料がとっても安くて、なんと300円なんです。
すご~~~~い広い館内ではないのですが、
ともだちの存在を温かく描いた作品ばかりでしたよ。
24日で終わってしまうのですが、鎌倉近くにお住まいで
興味があれば行ってみるのも楽しいですよ。

ちなみに文学館は、鎌倉ゆかりの文学者の直筆原稿や手紙・愛用品などが
随時展示されています。
そしてこの建物は、前田利家の系譜である旧前田侯爵家の別荘でした。
その別荘を昭和58年に鎌倉市に寄贈されたそうです。
(※ちょっとは、頭よくなったかな(^▽^*))

さてさて次に、用事があって平塚市に向かいました。
そこでも超超超…渋滞
2007.9.19-5.jpg

行きも帰りもノロノロ運転で足がぼうだし…腰は痛いし…
あぁ~~~~~疲れた。
用事を済ませると、時間があったので
もう一つ見たいのがある事を思い出しまして
平塚市美術館に立ち寄りました。

2007.9.19-6.jpg

ここでは、絵で読む宮沢賢治展が行われています。
入館料は700円です。
中に入ると、最初は絵本が全くなく「宮沢賢治の生涯」がありました。
有名ではあるけれど、あまりどんな人物なのか知らなかったので勉強になったよ。
中盤から後半にかけては、宮沢賢治さんの詩だったり童話の絵本があります。
おなじ童話にたいして色々な作家さんの個性が絵に表れていて
どれも同じ話なはずなのに…どれも違う作品に見えました。
やっぱり絵ってすごい力があるんだねぇ(^エ^;)感心×感心

もぉ~~~~~~足が痛い(((( ;≧♀≦))))
ここの美術館は、結構広いからネェ。
1つわかった事は、展示物を見るときは
1日1つの美術館にしましょうってことですな。

この2つの展示をみて、またまた色々考え・またまた頭の引き出しが増えました。
色々なところに出向いてすばらしい作品を見ることは、とっても大切な事です。
好きなところに沢山いけて幸せだい!!


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/509-12beed91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。