スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おじいちゃんがおばけになったわけ

おじいちゃんがおばけになったわけ
おじいちゃんがおばけになったわけ
エヴァ エリクソン、キム・フォップス オーカソン 他 (2005/06)
あすなろ書房

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:小学校低学年くらいから~
読み聞かせは:4歳くらいから~

著者の紹介☆
文:キム・フォップス・オーカソン(Kim Fupz Aakeson)…1958年デンマークに生まれる。子どもに常に接した仕事に就き、その後作家・漫画家・イラストレーターとして活躍をしました。現在は日本の映画脚本家としても活躍中です。この絵本は、日本以外で8カ国で翻訳され、多くの人に愛されています。
絵:エヴァ・エリクソン(Eva Eriksson)…1949年スウェーデンに生まれ、日本でも人気のイラストレーターです。
訳:菱木 晃子(ひしき あきらこ)…1960年東京に生まれ、慶應義塾大学を卒業。北欧の児童書を中心に翻訳をされています。

♪作者の絵本
みどりの谷のネズミしょうぼうたい みどりの谷のネズミしょうぼうたい
ウルフ ニルソン、エヴァ エリクソン 他 (2002/01)
BL出版
この商品の詳細を見る


おばけやしきへようこそ! おばけやしきへようこそ!
エヴァ エリクソン、キッキ ストリード 他 (1996/07)
偕成社
この商品の詳細を見る


パパが宇宙をみせてくれた パパが宇宙をみせてくれた
エヴァ エリクソン、ウルフ スタルク 他 (2000/10)
BL出版
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
男の子のエリックには、大好きなおじいちゃんがいました。
けれど、大好きなじいじはもういません。
道で心臓発作で倒れ、亡くなってしまいました。

エリックの大粒の涙にママは言いました。
「じいじは、天国へ行ったのよ」そして僕のほっぺをやさしくなでてくれた。

教会でじいじが木の箱に入れられ、たくさんのお花でかざられました。
おじいちゃんは、どうなっちゃうの?と僕がお父さんに聞くと
「土になるんだよ」とやさしく言いました。

え??ママは天国に行くっていったけど…パパは土に帰る…どっちなの?
エリックがそんな事を考えていた晩のこと、じいじがタンスの上に座っていました。

おばけになったはずのじいじがどうしてここにいるのか…エリックはフシギです。
そして、お化けになったはずのじいじがここにいるのか…じいじもフシギ。

じいじがこの世に下りてきてしまったのは、どうやら大切な忘れ物があるから。
それをじいじとエリックは探すことができるのかな??……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
とちゅう色々な笑いどころもあって楽しく読んでいたのだけど、じいじが大切な忘れ物を思い出した一言に大粒の涙を流してしまいました。じいじの生死を通じて命の大切さと命の生まれ変わりを表現しているこの絵本。命がどうなってどこへ行くか…誰もわからない事ですが命についてのオススメ絵本だと思います。おじいちゃんと孫の愛情あふれる絵本を読んでみてくださいね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/500-4b0d3ceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。