スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アーサー王の剣

アーサー王の剣
アーサー王の剣
エロール ル・カイン (2003/09)
ほるぷ出版

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



イギリスで古くから語り継がれた「アーサー王伝説」
対象年齢:小学校低学年くらいから~
     読み聞かせは4歳くらいから~

著者の紹介☆
絵:エロール・ル・カイン(Errol Le Cain)…1941~1989。シンガポールで生まれたイギリス人。幼少時代にインド/日本/香港/サイゴンなどを転々とし5年インドに住んでました。14歳でアニメーションの世界で認められ絵本を生み出した。「ハイワサのちいさかったころ」でケイト・グリーナウェイ賞を受賞。数多くの賞と多数の絵本を手がけています。

灰島 かり(はいじま かり)…国際基督教大学を卒業しました。コピーライターを経て英国のローハンプトン大学院で児童文学を学ぶ。そして子どもの本を中心に翻訳を手がけています。

★過去に紹介をした著者の絵本
【キャベツ姫】
【ぼくのいもうとみなかった?】
【美女と野獣】
【フォックスおくさまのむこえらび】
【おどる12にんのおひめさま】
【いばらひめ】

♪その他の絵本を紹介
アラジンと魔法のランプアラジンと魔法のランプ
(2000/06)
アンドルー ラングエロール ル・カイン

商品詳細を見る

キャッツ―ボス猫・グロウルタイガー絶体絶命キャッツ―ボス猫・グロウルタイガー絶体絶命
(1988/06)
T.S. エリオットエロール ル・カイン

商品詳細を見る

シンデレラ―または、小さなガラスのくつシンデレラ―または、小さなガラスのくつ
(1999/05)
シャルル ペローエロール ル・カイン

商品詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
遥か昔、ブリテンの国にアーサー王と言う名高い王様がいました。
アーサー王と魔法使いのマーリンは、狩りにでました。
暗い森を抜けると、水がキラキラ輝く湖のほとりにでました。
二人が湖を見ていると、水の中から美しい姫があがってきて
王に魔法の剣エクスカリバーを授けました。
エクスカリバーは、命じればどんな望みでも叶うであろう。
ただし、これを誰の手にも渡してはならぬ。
湖の姫は、その言葉を残し消えてしまいました。

ところがそれを狙う者がいました。それはアーサー王の姉モルガナでした。


ミヅポンの声(^♀^)/
この作品は、エロールさんが27歳だった時の作品だそうです。これがきっかけとなり、一流の絵本作家となりました。他の絵本を読んでみて気付いたのですが、この絵本は他に比べて荒々しい色と線で描かれています。けれど、その中に魔法の力と強さ怖さなどが伝わってきます。「アーサー王の剣」には、2つ話があってひとつは少年のアーサーが誰にも抜く事の出来なかった剣を、硬い石から容易く抜いて王の世継ぎに認められたお話。もう一つがこの絵本のお話になります。私は、少年だったアーサーのお話しかしらなかったのでとても新鮮さがありました。皆さんはどちらをしっていますか?


この記事に対するコメント


v-4 いくこさんへ
こんばんは(^∀^)ノうん!確か最初の作品と書いてあったような…。
でもここから考えると、他の作品はダイブ変わりましたねぇ!
私も色々試行錯誤していくうちにすばらしい絵が描けるのだろうか?!
そうですねぇ~ホント残念ですぅ。
こんなに素敵な作品を沢山描かれる方なので
もっともっとすばらしい作品が見れただろうなぁv-28

【2007/09/12 00:10】URL | 【いくこさんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


デビュー作ですよねー。

彼はいろいろと試行錯誤して、自分のスタイルを変えようとした事も有りました。

若くして無くなったのでとてもとても残念ですv-406

【2007/09/11 03:03】URL | いくこ #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/495-9c345b35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。