スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みんなのきもち

みんなのきもち (新しい日本の幼年童話)
みんなのきもち (新しい日本の幼年童話)
西村 繁男、村上 しいこ 他 (2006/03)
学習研究社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


第53回 青少年読書感想文全国コンクールの課題図書に選ばれています

対象年齢:小学校低学年くらいから~
読み聞かせ:4歳くらいから~


著者の紹介☆
作:村上 しいこ…1969年三重県に生まれ、1998年から創作を始めました。「かめきちのおまかせ自由研究」では37回日本児童文学者協会新人賞を受賞しました。その他にも多数の絵本を書いています。
絵:西村 繁男…1947年高知県に生まれ、中央大学を卒業後セツ・モードセミナーを経て絵本作家となりました。

あらすじФ(・♀・=)
学校では毎日発表があります。
金曜日がたまよちゃんで月曜日は僕の番!
発表のテーマは、「自分以外の気持ちになって考えてみよう」だって。

たまよちゃんは、シャボン玉の気持ちになって遠くの町まで飛んで行った気持ちを発表しました。
けれど僕は、たまよみたいな怖がりはムリだよ!って行ったんだ。
そしたら、たまよと僕はケンカになっってしまった。

そして気持ちを探しに僕は、父さんと妹のさくらと出かけた。
信号の気持ちになったり、鉄棒に忘れられた傘の気持ちになったり…

家に帰ってくると、今日の夜ご飯はおでんだった。
我が家では毎週おでんだから
僕はイヤで文句を言ったらお母さんに怒られた。

だからご飯を残してお風呂に入る事にした。
お風呂で湯船につかっていると、ドアがガラッと開いて………

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本は面白かったです。と言うのは絵本を作るときには、他のものの気持ちになったり登場するキャラクターの気持ちになって考えるからです。でも他の物の気持ちになると見えなかった物が見えたりして面白いですよぉ~。ぜひ時間のある人は挑戦してみてねぇ~♪さてさて、お風呂の戸を開けたのは誰でしょう?ヒントはあらすじの中にありますよぉ~!ぜひその物の気持ちになって誰なのか当ててみて下さいね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/460-572f524a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。