スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パラパラ山のおばけ

パラパラ山のおばけ
パラパラ山のおばけ
ライ マー (2006/09)
岩崎書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ライマー(頼馬)Lai Ma…中華児童文学賞や絵本の賞を多数受賞している、実力のある台湾の人気作家で多数の絵本を描いている。ライマーさんの絵本は、ユーモアあふれ文と絵が面白いとの評価をうけ何度見ても飽きない絵本で、手にされた本は長く愛されている。

訳:中 由美子(なか ゆみこ)…長崎に生まれ、偶然にも中国語と中国児童文学にかかわり現在にいたる。多数の訳書を出版している。

あらすじФ(・♀・=)
白豚のルルが、山の上からコロコロ コロコロ転がり落ちて
下まで来たら、気を失ってしまった。

村の人が病院にルルを連れて行って、しばらくして気がついた。
それで…山から転がったわけは??
村長さんもやってきて、その話に釘付け!?

ルルが口を開くと
「おばけが いたんだ!!」

更にルルの話を聞くと……
夕方、パラパラ山の近道を通って帰ろうとしたら道に迷って
大きな岩の前まで出た。
けれど…あたりは薄暗く、コウモリもいるし霧もかかっている。
ルルは足早に帰り道を急いだ。
ふと明かりが見えてその大きな岩に、パチパチする音の方に
近づいてみた。
すると………
きゃぁ~~~~~~~~~!!!!!!(((( ;≧♀≦))))

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
あぁ~~怖い!!ミヅポンお化けの話ダメなんだよね。でもこの話は…面白いから平気だった。ルルは、まさか…ホントにお化けを見たのかな?あぁ~~怖い(((( ;≧♀≦))))夏と言えば、おばけはつき物みたいな所があるけど…みなさんは、おばけみたことある?そして怖いの大丈夫かしら??私は見たことあるけど…怖いのはまったむ無理!!!(きっぱり)見た目には全然平気なタイプに見えるようですが、私は怖がりなのです(^エ^;)(かよわいのをアピールしているわけではないよ)そして、私はルルタイプに間違いない!みなさんはどうかな?ぜひ読んで、みんなのタイプを教えてね♪♪


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/456-ecece9da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。